logo

日本初! インプレスR&Dと三省堂書店、米OnDemand Books社のエスプレッソ・ブック・マシンを使った海外書籍販売網を構築

世界10カ国、66箇所で販売開始



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)と株式会社三省堂書店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:亀井忠雄)は、米OnDemand Books社のオンデマンド印刷機「エスプレッソ・ブック・マシン」向けにPOD(プリント・オンデマンド)書籍の配信を開始しました。

無在庫で最少1部から出荷可能なPOD
PODは、デジタル印刷機による印刷技術を活用した出版物の印刷・製本方式です。一般的な出版物は、数百冊?数千冊単位でまとめて印刷・製本を行いますが、PODでは最少1冊単位で印刷・製本を行えるのが特徴です。また、この仕組みにより書店では注文が入ってから1冊ずつ印刷・製本して販売することができるため、出版社にとっては在庫を持つことなく、出版物を販売できるメリットが得られます。
インプレスR&Dでは、2012年3月より次世代型出版メソッド「NextPublishing」にてこのPODを最大限に活用し、無在庫販売による出版ビジネスを確立。2012年6月には、三省堂書店が運営する「三省堂書店オンデマンド」向けにPOD書籍を提供しています。

EspressNetを経由し国内外でPOD書籍を販売
エスプレッソ・ブック・マシンは、「三省堂書店オンデマンド」でも用いられているオンデマンド印刷機です。省スペースであるため、書店店頭に設置しやすい特徴をもつほか、米OnDemand Books社独自のネットワークを用いて、全世界にあるエスプレッソ・ブック・マシンでだれもが印刷・製本し販売できるのも特徴です。
今回、米OnDemand Books社の国内代理店である三省堂書店経由で、日本語書籍をエスプレッソ・ブック・マシンで販売することで合意。世界10カ国・66箇所にあるエスプレッソ・ブック・マシンを導入しているすべての書店にて、インプレスR&DのPOD書籍を購入できるようになりました。日本語書籍を、三省堂書店・米OnDemand Books社と協業し世界で販売するのは、今回が日本で初となります。

[画像1: リンク ]

今回の販売地域一覧:リンク

第一弾として、「仕事で使える!シリーズ」全タイトルの販売を開始。今後、インプレスR&Dが取り扱うPOD書籍を順次国外販売の対象としていく予定です。

[画像2: リンク ]

販売を開始した「仕事で使える!」シリーズ。書店店頭で購入できるほか、ネット販売に対応している書店は、OnDemand Booksのウェブサイト(リンク)から直接購入できる。

PODは出版社にとって在庫リスクを削減できるソリューションであるとともに、読者にとっては印刷書籍を確実に入手できる仕組みでもあります。また、今回の取り組みのように、同一データを用いて、国内外で印刷・製本して販売できる特徴も兼ね備えています。
インプレスR&Dは、今後もPODの普及のため、サプライチェーン開発を積極的に行います。

【株式会社インプレスR&D】 リンク
インプレスR&Dは、NextPublishingメソッドを活用した次世代型出版事業を推進する企業です。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目105番地 神保町三井ビルディング
TEL 03-6837-4820
電子メール: pod@nextpublishing.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事