logo

マクニカネットワークスとアズジェント、McAfee Next Generation Firewallの販売・監視サービスにおいて協業

~McAfee NGFW をセキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービスの監視対象に追加~

マクニカネットワークスとアズジェントは、次世代ファイアウォール製品 「McAfee Next Generation Firewall」の販売および監視サービスの分野において協業を開始いたします。

ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス 代表取締役社長:宮袋正啓 所在地:横浜市港北区)と、セキュリティ及び運用監視ソリューションの提供を主業務とする株式会社アズジェント(以下 アズジェント 代表取締役社長:杉本隆洋 所在地:東京都中央区)は、マカフィー株式会社が提供する、次世代ファイアウォール製品 「McAfee Next Generation Firewall」 (以下、McAfee NGFW)の販売および監視サービスの分野において協業を開始いたします。

官公庁や企業へのサイバー攻撃は高度に緻密化し、従来型のいわゆる「ファイアウォール」を回避する攻撃手法が増加しつつあります。このため、AET(Advanced Evasion Techniques:攻撃者がAPT攻撃などを行う際に、ファイアウォールやIPSなどのネットワークセキュリティ製品の検出をかいくぐるための技術)を使った侵入に対する防護に定評のある「McAfee NGFW」は市場から高い評価を受けており、官公庁や自治体をはじめ、多くの企業で採用されています。一方で、24時間365日ログの監視、分析を行い、攻撃の兆候を発見するには、セキュリティの専門知識と、運用のリソースが必要となるため、監視、運用は専門家にアウトソースしたいという要望が多数ありました。

このような背景のもと、マクニカネットワークスとアズジェントは、「McAfee NGFW」の販売、運用、監視において、この度、協業することとなりました。「McAfee NGFW」の国内販売代理店であるマクニカネットワークスは、エンドユーザに製品、および専門知識に裏付けされた構築・技術サポートを提供します。そして、アズジェントは「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」の対象デバイスに「McAfee NGFW」を追加し、監視サービスを提供します。また、セキュリティオペレーションセンター(SOC)のセキュリティ専門のアナリストが、「McAfee NGFW」の各種ログを継続的かつ相関的に24時間365日監視および分析し、攻撃や侵入の可能性が高いと判断されたセキュリティイベントの通知を行います。この協業により、「McAfee NGFW」のユーザは、構築、運用、監視まで含めた一連のトータルサポートを受けることが可能になり、「McAfee NGFW」の持つ検知能力を十分に発揮するとともに、自社でSOC機能を持つことなく、24時間365日の運用監視、ならびにセキュリティ専門家の知識を得ることができます。

両社では今後、より高度なサイバー攻撃への対策に対するお客様のご要望に応え、McAfee製品およびマネージドセキュリティサービスの拡販につなげてまいります。

【マカフィー株式会社様からのエンドースメントス】
このたび、マクニカネットワークスとアズジェントの2社による強力な協業により、弊社の「McAfee Next Generation Firewall」の販売および監視サービスの提供が開始されることを心より歓迎いたします。ますます高度化、巧妙化するサイバー攻撃に対抗するため企業のセキュリティ対策には高度な要件が求められている中、世界市場で定評のある次世代ファイアウォール製品の販売に合わせ、その運用と監視面で顧客を支援するマネージドセキュリティサービスは、お客様のニーズに合う強固なセキュリティ対策を実現できると確信しています。
マカフィー株式会社
コーポレート事業統括 専務執行役員
小笠原 誠

【McAfee Next Generation Firewall】
McAfee Next Generation Firewallは世界90か国4000ユーザへの導入実績、特にクラスタリングの技術で10年以上の市場での実績を持っている高い運用性と高い可用性をもったFirewallです。複数台のFirewallの集中管理の要件や、大規模スループットを要求する顧客には待望のFirewallと言えます。3台以上をActiveでクラスタリングを組む技術、1台で最大120Gbps(UDP通信1512byte)のスループットを出せるモデルも展開しており、大規模なご要件にも対応可能です。
また、セキュリティ面においては、製品名の通り、ユーザの可視化(認証サーバ連携)、アプリケーション可視化機能を持っており、外部からの遠隔操作による攻撃やP2Pアプリケーション、SNSアプリケーションを柔軟にコントロールすることで情報漏えい対策の強化を実現します。さらに注目すべきは、McAfee社の脅威情報やシグネチャーが日々搭載されてきているという点です。社内情報システムや公開サーバへの通信の対策など、利用シーンを問わずセキュリティ強化を実現することが出来ます。

<McAfee NGFW 参考標準価格>
NGF-1035C1(MFE NGF 1035-C1 Appliance、最大10Gbps)¥1,343,550/1台(税別)
※このほかに、管理マネージャー、保守費用が別途発生します。

【セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス】
アズジェント監視センターのアナリストが、エンドユーザのセキュリティ機器を24時間365日運用監視し、セキュリティインシデントが発見された場合には、相関分析等を実施、エンドユーザにイベントの内容と必要なセキュリティ対策を提案するサービスです。ヒアリングシートをもとにパフォーマンス及びセキュリティの観点からエンドユーザの環境を考慮したセキュリティ設定を監視デバイスに適用します。さらにエンドユーザのセキュリティ状況を定期的に診断し、推奨するセキュリティ対策を盛り込んだ診断レポートを提供します。

<McAfee NGFW向け監視サービス>
初期開設 : ¥111,000 ~(税別)
月額 :  ¥74,000 ~ (税別) 



【お問い合わせ先】
マクニカネットワークス株式会社
〒222-8562 神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5
TEL:045-476-1960 FAX:045-476-1970 E-mail:mfe-info@cs.macnica.net
リンク

株式会社アズジェント
〒104-0044 東京都中央区明石町6-4
TEL:03-6853-7402 FAX:03-6853-7412 E-mail:info@asgent.co.jp
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。