logo

メラノックス、フラッシュストレージへのアクセスを最適化し、意思決定に要する時間の短縮とコスト削減を実現

25/40/50/56/100ギガビットEthernetおよびEDR InfiniBandネットワークでフラッシュおよび不揮発性RAMへのアクセスを実現するソリューション群のデモンストレーションを実施

データセンターにおけるサーバやストレージシステム向けにエンドトゥエンドのインターコネクトソリューションを提供するトップベンダーであるメラノックステクノロジーズ社(Mellanox Technologies, Ltd., NASDAQ: MLNX)は、本日、RDMA (Remote Direct Memory Access )テクノロジーを利用してソリッドステートストレージを共有することで、アプリケーションの高速実行、データの高速分析およびコストの削減が実現することを立証するストレージ向けソリューションのデモンストレーションを実施するとともに、ベンチマークテストの結果を発表しました。

「ソリッドステートストレージの優れた性能を活かし、企業が自社のデータセンターやさまざまな情報の持つ真の能力を引き出すためには、これまで以上にハイパフォーマンスのインターコネクトテクノロジーが必要となります」と、メラノックステクノロジーズ社マーケティング担当副社長ケヴィン・ダイアリングは述べています。「フラッシュストレージに投資を行うお客様は、投資収益率を最大限に高めるために市場でもっとも効率の良いネットワークを使用してストレージを複数のサーバ間で共有したいと考えていることが明らかになっています。フラッシュへの高速ファブリックアクセスのデモンストレーションを希望しているほぼすべての企業がメラノックスの製品を利用しています。当社は、パートナー各社と共同でこのような優れたソリューションのデモンストレーションを実施できることを大変光栄に思っています。」

2015年8月11日から13日まで開催されたFlash Memory Summitにおいて、メラノックスおよび当社の主要パートナーは次のようなソリューションのデモンストレーションを実施し、高速ネットワークによってソリッドステートストレージテクノロジーの性能が最大限に引き出されることを実証しました。

●アペイロン社(ブース番号819)は、同社のApeiron Data Fabricのデモンストレーションを実施しました。

●HGST社(ブース番号647)は、メラノックスの100Gb/s EDR InfiniBandを使用し、2マイクロ秒未満の低レイテンシーでの相変化メモリ(PCM)アクセスのデモンストレーションを実施しました。

●マングストア社(ブース番号649)は、メラノックスのインターコネクトを採用するNMXシリーズServer SANおよびNVMe over Fabric製品で数百万レベルのIOPSを達成しました。

●メムブレイズ社(ブース番号319)、マイクロン社およびPMCシエラ社(ブース番号213)は、RDMA Over Converged Ethernet(RoCE)およびInfiniBandの両方を利用し業界トップレベルのハイパフォーマンスおよび低レイテンシーを実現する、NVMeデバイスへのNVMe Over Fabricネットワークアクセスのデモンストレーションを実施しました。

●マイクロン社、サラトガスピード社(ブース番号517)をはじめとする多くの企業は、極めて高いスループットおよびIOPSを実現するフラッシュアレイへのiSCSI over RDMA(iSER)アクセスのデモンストレーションを実施しました。

●ネットアップ社(ブース番号511)は、メラノックスFDR 56Gb/s InfiniBandテクノロジーを利用するiSERプロトコル対応のNetApp EF560フラッシュアレイのデモンストレーションを実施しました。

●PMCシエラ社(ブース番号213)は、RDMAを使用したNVRAMレプリケーションによって超低レイテンシーが実現されることを立証しました。

●サムスンセミコンダクター社(ブース番号307)は、主要なアプリケーションに対応する次世代のNVMeフラッシュテクノロジーのデモンストレーションを実施しました。

●サンディスク社(ブース番号207)は、メラノックスの40ギガビットEthernetネットワークを利用し、これまでにない高IOPSのCephのパフォーマンスを実現するInfiniFlashアレイのデモンストレーションを実施しました。

メラノックス(ブース番号817)は、新しいSpectrum 10/25/40/50/100ギガビットEthernetスイッチ、ConnectX-4 100ギガビットEthernet/InfiniBandアダプタおよびConnectX-4 Lx 10/25/40/50ギガビットEthernetアダプタをはじめとする、ソリッドステートストレージへのアクセスを高速化する最新テクノロジーの数々のデモンストレーションを実施しました。デモンストレーション内容およびテクノロジーの詳細は、メラノックス社ブログ リンク でご覧いただけます。

関連情報

●メラノックス10/25/40/50/100ギガビットEthernetスイッチSpectrum
リンク

●メラノックス100Gb/s対応アダプタ ConnectX-4
リンク

●メラノックス10/25/40/50ギガビットEthernetアダプタConnectX-4 Lx
リンク

●メラノックスに関する情報交換スペース、メラノックスコミュニティにぜひご参加ください。
リンク

●Twitter、Facebook、Google+、LinkedIn、YouTubeの各メディアでメラノックスの最新情報をご確認ください。
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

メラノックスについて

メラノックステクノロジーズ社は、サーバやストレージを対象にInfiniBandならびにEthernetのエンドトゥエンドインターコネクトソリューションを提供するリーディングカンパニーです。メラノックス社の製品により、最高のスループット、最小のレイテンシーが実現し、データセンターの効率性が向上します、また、アプリケーションにデータが高速に伝達されるため、システムのパフォーマンスを最大限向上させることができます。メラノックスは、アダプタ、スイッチ、ソフトウェア、ケーブル、シリコンといった高速インターコネクト製品を提供しており、これらの製品により、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、HPC、データセンター、Web 2.0、クラウド、ストレージや金融といったさまざまな市場において業績を最大化する一翼を担っています。

メラノックステクノロジーズに関する詳しい情報は、 リンク または リンク でご確認ください。


【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社
160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-45 KDX西新宿ビル 1F
Tel:03-5937-3116
Fax:03-5937-3117
URL:リンク

Mellanox, ConnectX、SwitchX、Virtual Protocol Interface(バーチャルプロトコルインタフェース)はメラノックステクノロジーズ社の登録商標です。記載されているその他の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

メラノックス10/25/40/50/100ギガビットEthernetスイッチSpectrum

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。