logo

第12回スティービー国際賞を日本企業が受賞

JCN 2015年08月19日 09時15分
From JCN Newswire


FAIRFAX, VA, Aug 19, 2015 - ( JCN Newswire ) - 第12回スティービー国際賞にてゴールド、シルバー、ブロンズ・スティービー賞が高い業績をおさめた組織や経営者に贈られます。

ギリシャ語で「王冠を戴いた」を意味するスティービー賞は世界で唯一の包括的なビジネス賞で、2015年度はカナダ・トロントのリッツ・カールトン・ホテルで10月23日金曜日に式典が行われます。

ゴールド、シルバー、ブロンズ・スティービー賞受賞者は、60ヶ国以上の組織や個人からエントリーされた3,700以上の候補の中より選ばれました。世界中のあらゆる組織がスティービー国際賞の対象で、経営者、企業/団体、マーケティング、PR/IR、カスタマーサービス、人事(HR)、新製品/新サービス、IT、Webサイト/アプリ/ビデオなど、様々なカテゴリがあります。

今年の審査は、200人以上の世界中のエグゼクティブによって行われました。日本からは4つの組織がゴールドを受賞しました。ビデオ(防災)部門で一般社団法人森の防波堤協会(宮城)、ビデオ(PR:非営利団体の資金調達)部門でTMコミュニケーションサービス株式会社(東京)、ビデオ(PR:エンターテインメント)部門で石井光三オフィス(東京)、イベント(2万ドル以下)部門でお茶の西本園(鹿児島)です。そして株式会社オフィス浦(東京)はウーマン・オブ・ザ・イヤーでブロンズを受賞しました。

今年のトップ受賞者は10個のゴールドを獲得したMSLGROUP(多国籍)でした。8個はウェーバー・シャンドウィック(多国籍)。6個はアクセンチュア(米)とジョレンテ&クエンカ(西)、カリダスクラウド(米)、DHLエクスプレス(多国籍)、ドバイ統計センター(アラブ首長国連邦)、ハナロアドカム(韓国)。5個はPJルイリエグループ(フィリピン)。イベント会社ブーギー(トルコ)、ケールグループ(トルコ)、プラセンタカンバセーションエージェンシー(トルコ)、SPRグループ(香港)が4つのゴールドを獲得しました。

ゴールド3つは、アブダビ観光文化局(アラブ首長国連邦)、Agiliance Inc.(米国)、バーレーン国立ガス会社(バーレーン)、シスコシステムズ(米国)、ドバイ警察本部(アラブ首長国連邦)、オーレドー(カタール)、PTテレコムニカシ・インドネシア(インドネシア)、ロシャン(アフガニスタン)、RSA保険(カナダ)、シージーン医療財団(韓国)、タンゴミー(米)、タイ生命保険会社(タイ)、ヴィーム(米)、WNSグローバルサービス株式会社(インド)でした。

2015年スティービー賞の全受賞者リスト(カテゴリ別)は、 www.StevieAwards.com/IBA をご覧下さい。

スティービー賞の創業者で代表のマイケル・ギャラガーはこう語ります。「世界で最上級の組織、専門家、業績の多くを改めて表彰できることを喜ばしく思っています。今年、世界中の組織、特に新興国市場で、応募に際し成果を要約し引き出すレベルが上がってきていると感じました。そのサクセスストーリーを読み、評価することは審査員たちにとって喜ばしいことです。私も10月23日にトロントの式典に参加する受賞者にステージ上でお会いできることを楽しみにしています。」

8月24日の週には、5つの最優秀賞であるベストIBAが発表されます。受賞者は、獲得したゴールド、シルバー、ブロンズ・スティービー賞の合計数よって決定され、10月にトロントでグランド・スティービー賞のトロフィーが贈呈されます。

スティービー賞について

スティービー賞には、国際賞、アジア・パシフィック賞、女性賞、セールス&カスタマーサービス賞、アメリカン・ビジネス賞、ドイツ賞の6つのプログラムがあります。スティービー賞は世界中の組織や個人を規模を問わず、優秀な業績を表彰します。スティービー賞についてのより詳しい情報については、 リンク やTwitter、YouTube、FB、LinkedInをご覧ください。

スティービー賞のトロフィーの高解像度写真やスティービー国際賞のロゴは、 リンク をご覧ください。プレスのためのその他の情報や素材は リンク でご利用いただけます。

お問い合わせ:
Clara Im
Clara@StevieAwards.com
+82-2-3443-8389

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。