logo

Transmode社の株主、Infinera社の申し出を受け入れ

インフィネラ・ジャパン株式会社 2015年08月19日 10時59分
From PR TIMES

Intelligent Transport Networks製品の開発・製造者であるInfinera社は、Transmode社の株主の約95.8パーセントがInfinera社による同社の買収に同意したことを発表しました。

<<報道資料>>
Infinera Corporation

Transmode社の株主、Infinera社の申し出を受け入れ

サニーベル、カリフォルニア、2015年8月14日:Intelligent Transport Networks製品の開発・製造者であるInfinera社(ナスダック: INFN)は、Transmode社(ナスダックストックホルム: TRMO)の株主の約95.8パーセントがInfinera社による同社の買収に同意したことを発表しました。株式の売買取引は2015年8月20日頃までに完了する予定です。売買に提供された株式の約63パーセントは現金と株式の組み合わせ売買方法により行われ、残り約37パーセントは完全な現金取引により行われました。これにより、新たに約790万株のInfinera社普通株が株主に発行され、残りは現金で支払われます。

このInfinera社によるTransmode社の買収により、前者は後者のお客様、製品、および技術を獲得することになります。Transmode社の光パケット・アプリケーションにおける強さはInfinera社の業界における長距離ネットワークおよびメトロクラウドソリューションを補強することになります。この買収により、Infinera社はお客様にネットワークのエンドツーエンドにわたりメトロイーサネット製品(メトロコア、メトロエッジ、およびメトロアクセス製品)およびソリューションをより素早く提供することができるようになります。これらには、メトロイーサネット・フォーラム(MetroEthernet Forum、MEF)の認証を受けているフロントホールとバックオフィスホールサービス、ブロードバンド集合サービス、およびビジネスイーサネットサービスが含まれています。

IHS ResearchのCarrier Transport Networking調査担当重役、アンドリュー・シュミット氏(Andrew Schmitt)は次のように語っています、「Infinera社とTransmode社の統合は市場および文化の見地からしても理解できます。私は両社が今後その強さをどのように発揮していくかを見て行きたいと思います。この買収によりInfinera社はますます拡大しつつある100G市場に大きな足場を築くことになります。」

Infinera社最高経営責任者、トム・ファロン(Tom Fallon)は次のように語っています、「Transmode社の獲得は両社にとって画期的な出来ことであります。2つの非常にうまくいっているチームを統合することで、私たちはメトロイーサネット市場とロングホール光ネットワーク市場にエンドツーエンドの製品を提供することができます。この買収により、私たちの今までのロングホールとメトロクラウドにおけるリーダーシップを発揮し、迅速に100Gメトロイーサネット市場に参入することができます。今後、Infinera社とTransmode社が共通の目的である成長とお客様への奉仕を掲げ、協力し合い、発展していくことを確信しています。」

買収条件の完全な資料に関しては次のサイトを参照してください。www.infinera.se

==================================================
・お問い合わせ先:
メディアの方:
アンナ・ビュー(Anna Vue)
Tel.+1(916)595-8157
avue@infinera.com

・投資家の方:
ジェフ・ハスティス(Jeff Hustis)
Tel:+ 1 (408) 213-7150
jhustis@infinera.com
==================================================

●Infinera社について:
Infinera社(ナスダック: INFN)はIntelligent Transport Networksをネットワーク・オペレータに提供することにより、信頼でき、操作しやすい、高容量の光ネットワークを可能にします。Infinera社の独自の大規模フォトニック集積回路は、最も過酷なネットワーク環境でも使用でき、革新的な光ネットワークソリューションを提供します。Intelligent Transport Networksは、キャリヤー、クラウド・ネットワーク・オペレータ、政府機関、および企業がそれらのデータセンター、都市(メトロ)、長距離、および海底の光ネットワークを自動化し、集中管理し、スケーリングするのを助けます。Infinera社に関してはwww.infinera.com、ツウィッタの場合はTwitter @Infinera、ブログの場合はblog.infinera.comを参照してください。

*InfineraはInfinera Corporationの登録商標です。

このプレスリリースには将来を見据えた記述だけでなく、Infinera社製品に関する特徴、機能、仕様、および要件に関する記述が含まれています。これらの記述は、結果を保証するものではなく、将来の活動および性能に関する希望的な記述を含みます。実質的な結果はこれらの希望的な記述と異なる場合もあります。Infinera社のビジネスに影響するこれらのリスク、不明確性、およびその他のリスクに関する情報はInfinera社の四半期レポート(Quarterly Report、Form 10-Q)の「危険要因に関する」および他の章に記載されております。このレポートは2015年6月27日までの第一四半期を網羅していて、2015年7月31日に米国証券取引委員会(SEC)に提出されております。これらのレポートは次のInfinera社のウェブサイトから入手できます、www.infinera.com 。SECに関する情報は次のウェブサイトから入手できます、www.sec.gov。また、弊社はこれらの将来志向の表現を現在は変更するつもりはありません。

以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。