logo

映像配信サービス「LINE LIVE CAST」、イベント連動型コンテンツを拡大

LINE株式会社 2015年08月18日 17時05分 [ LINE株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

双方向型によるLINEならではの視聴スタイルを確立し累計視聴者数2,000万人を突破



LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」 リンク で展開する映像配信サービス「LINE LIVE CAST」において、ファッションショーや音楽ライブなど大型イベントと連動した番組の配信を拡大することとなりましたので、お知らせいたします。
[画像1: リンク ]



LINE LIVE CASTは、タレントやアーティストなどの著名人や企業の公式アカウント、および同名の公式アカウント(LINE ID:@linelivecast))など同社が運営する公式アカウントを通じ、当該アカウントを友だち追加しているユーザーに対してリアルタイムで映像を配信することができるサービスです。

公式アカウントを通じてプッシュで番組開始を通知し、移動中や外出中などユーザーの居場所を問わず、ライブ映像をLINEアプリ上にて無料で視聴できる点や、番組配信中にメッセージや画像・スタンプをユーザーから受信したりアンケートを実施できる等、双方向型のコミュニケーションができる点などが好評で、著名人や企業がユーザーとのエンゲージメント(関係性)を構築できる新たなコミュニケーションチャネルとして活用され始めています。

2015年2月からイベントと連動したコンテンツを徐々に拡大し、2月と6月にはイギリスを代表するラグジュアリーブランド「BURBERRY」がロンドンで開催したランウェイショーをリアルタイムで配信。また、人気のファッションイベント「第20回 東京ガールズコレクション 2015 S/S」ではライブ中継を実施し、出演モデルがショーで着用したアイテムの販売情報を東京ガールズコレクションの公式アカウントを通じて送るなど、映像をただ単に見るだけでなくユーザーも参加できる場として好評いただいております。このほか、8月にサントリーの公式アカウントを通じて配信した「サントリー ドリームマッチ 2015 in 東京ドーム」では400万人以上、定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」では、有名アーティストをゲストに招いた番組で約50万人を超える視聴者数を記録するなど、ファッションショー・音楽ライブをはじめ、スポーツイベントなど従来の放送メディアにおける一方通行型の映像配信に拠らない新たな視聴スタイルを提供しており、これらの取り組みの結果、2015年8月時点で累計視聴者数*1が2,000万人を突破しました。
*1:公式アカウントにて配信された動画を視聴したユニーク視聴者数。

【主なイベント連動コンテンツの視聴者数(一部)】
[画像2: リンク ]



今後もLINE LIVE CASTでは、様々な企業やイベント・著名人とコラボレーションを行い、LINE LIVE CAST独占での映像配信や双方向型の取り組みを積極的に実施してまいります。

<今後配信を予定しているイベント(一部)>
・8月25日 Seventeen夏の学園祭2015
・9月27日 第21回 東京ガールズコレクション 2015 A/W

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事