logo

中国天津での爆発事故へのサポート状況を発表

インターナショナルSOS 2015年08月18日 15時43分
From PR TIMES

8月12日午後11時半ごろ天津浜海新区の化学物質貯蔵施設で勃発した大規模爆発事故を受け、医療とトラベルセキュリティアシスタンスサービスを全世界の会員企業に提供するインターナショナルSOSは、負傷者に速やかなトリアージと救急処置を提供しています。また、専門家チームを現地に派遣し引続き変化を続ける状況に対応しています。



天津経済技術開発区(TEDA) に位置する天津TEDAインターナショナルSOSクリニックは、現在一時的に閉鎖されています。同クリニックは、事故現場から3キロメートル以内の避難区域に位置し、立ち入りは非常に危険な状況です。

天津市にある天津インターナショナルSOSクリニックは、通常通り開業しています。会員企業のメンバー向けにはインターナショナルSOSのアシスタンスセンターで24時間365日最新情報の提供やサポートを行っています。


<トラベルアドバイス>
・ 天津への渡航は続行可能です
・ さらなる爆発とそれに伴う有害化学物質の流出の可能性があるため、浜海新区への不要不急の立ち入りは延期してください
・ 浜海新区に滞在するメンバーは、化学物質倉庫と爆発による被害を受けた地域から半径3キロメートル以内には決して近づかず、治安部隊の指示には全面的に従ってください
・ 浜海新区やその周辺地域では、道路封鎖や関連する安全措置による交通の混乱が予想されます
・ メンバーはアシスタンスセンターに連絡し、地域の特徴や旅程に合わせたアドバイスを求めてください
・ 中国のトラベルセキュリティアラートに登録し、事態の進展をモニターしてください


インターナショナルSOS について(リンク
インターナショナルSOS は、世界最大手の医療とトラベルセキュリティアシスタンスを提供する企業です。 世界92カ国 850カ所にわたる拠点から、1,400名の医師及び200名のセキュリティ・スペシャリストを含む11,000名以上の従業員が日夜アシスタンスに従事し、グローバルに活躍する顧客企業を支援しています。そのプロフェッショナルな専門知識は他の追随を許さず、広範囲なリスクに対する専門性の高い予防プログラム、そして重病、事故、社会不安時における緊急支援サービスを他社に先駆けて提供してきました。顧客企業が世界中どこでも『従業員の健康と安全』を実現いただけるよう、全力を挙げてサポートを続けて参ります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事