logo

EPC、オペレーターのLNGプロジェクトおよび最新技術情報(バルセロナ9月28-30日)

WTG Events 2015年08月18日 10時08分
From 共同通信PRワイヤー

EPC、オペレーターのLNGプロジェクトおよび最新技術情報(バルセロナ9月28-30日)

AsiaNet 61493 (1041)

【ロンドン2015年8月17日PRN=共同通信JBN】第10回Global LNG Tech Summit(世界LNGテック年次サミット)は世界中のLNGプロジェクトから得た最新情報と貴重な体験を提供する。正式議題が発表された。

サミット案内書は以下からダウンロード可能。
リンク

サミットはコスト削減およびプロジェクト最適化のための技術をテーマに据える。中心議題は、小規模LNGの機会と最初のFLNGプロジェクトの開発などである。

▽主要セッション
*Moss LNGCコンバージョンを使用してExmar Pacific Rubiales Barge LNGおよびGolarのGoFLNGsなどのFLNGプロジェクトを実施しているBlack & Veatchのジャビド・タリブ副社長兼FLNGプログラムマネジャーによるユニークなFLNGアプリケーション

*Bechtelのモジュラー建設プロジェクトの最適化に関する全体討議。講演者はシェブロンのWheatstoneプロジェクトに携わってきた

*国際石油開発帝石のアンドレ・ムラン氏は、ITがLNGプロジェクトをどのように最適化するかを説明する。同氏はイクシスLNGプロジェクトからの経験を紹介する。これは3つの大規模プロジェクトを事実上1つに統合した

*ヴォパックはゲートターミナルにおける同社のLNGブレークバルブ開発を取り上げ、これがいかに小規模サプライチェーンに大変革をもたらし、欧州での移動を促進するかについて紹介する

*USEAのバリー・ワージントン事務局長が米国での取り組みに関する最新情報を提供し、これが欧州およびアジア市場に与える影響について検討する

*BPはFLNGの安全上の問題を取り上げ、この分野におけるライバルのシェルによる積極的なアプローチに対し興味深い対比を提起する。シェルのガステクノロジー担当の元ゼネラルマネジャーもこのプログラムに参加する

サミットは9月28-30日バルセロナのHesperia Tower Hotel & Convention Centerで開かれる。

プレスパスは申し込みに応じて発行される。

詳細はウェブサイトリンク を参照。

ソース:WTG Events


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。