logo

「ノウキナビ」更なるサービスの充実により東日本の中古農機流通を支援

株式会社唐沢農機サービス 2015年08月17日 16時20分
From PR TIMES

中古農機流通支援サイト「ノウキナビ」が東京営業所を本日開設

 株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)が運営する中古農機流通支援サイト「ノウキナビ」は、インターネットの有効活用されていない農機具販売店及び農業業界の活性化を図るため、8月17日(月)東京営業所を新設いたします。これにより、主に会員数の多い東日本を中心とした対面営業を強化し、インターネットを有効利用し、ユーザーが安心して農機具を取引できるよう幅広いサポートを行います。同時に既存会員への流通支援を行うことで、中古農機の流通を活性化します。



[画像: リンク ]



 この9月でサービス開始から1年を迎える「ノウキナビ」は、8月17日現在、販売店会員85件、農家会員183件のご登録をいただいており、主に東日本を中心として会員数を伸ばしております。今後の事業展開及び成長を見据え、既存会員に加え新規顧客の声、ウェブサイトの解析と運用経験等を蓄積して参りました。そのなかで「インターネットの信用性が低い」という漠然とした問題を解決していくことが中古農機具のインターネット取引を促進する鍵になると考えました。この課題に対し、東京を起点とした営業戦略を掲げ、特に既存会員の多い東日本に向け、より身近にノウキナビのサービスを提供できるよう、東京営業所を開設する運びとなりました。


東京を起点とした営業戦略
1.「農機具販売店のインターネット取引に対する信用性向上と普及」
業界で多く聞かれる後継者不在の諸事情以外に、インターネット取引を実施していない理由を尋ねたところ、「インターネットの信用性が薄い」「使わなければと思っているがタイミングがない」など、インターネット取引にまだ漠然とした抵抗のある方が多いことが1年間の運営で判明いたしました。これらの課題を解決するためにオフラインの対面営業を強化いたします。

2.「インターネット利用価値向上による潜在顧客の獲得」
上記の解決により、今までご理解いただけていなかったインターネット利用の価値が向上し、潜在顧客の掘り起こしに繋げます。それにより更なる新規登録販売店会員・農家会員の拡大を目指します。

3.「ノウキナビ既存会員へのサポート体制の整備及び、取引を促す流通支援」
既存会員への対応を電話のみならず、営業所設置による機動力を活かした直接的なサポートで円滑な取引を促し、安心してご利用いただけるサービスをご提供いたします。また、すでに進行中の既存会員の声を活かした運用・システム開発についても、今後は精度を向上させ、サービス満足度を高めて参ります。

 以上の営業戦略を推進することで、中古農機の流通が促進され、農機具販売店がより円滑にビジネスに取り組むことが可能となります。さらには農家のランニングコスト削減・新規就農者の増加に貢献、中古農機市場の活性化に繋げたいと考えております。


東京営業所について
〒106-0032 東京都港区六本木3-4-33
電話番号:03-6869-1446
FAX番号:03-6869-1447


ノウキナビについて
 「農業を支えるプラットフォームに」をコンセプトに掲げ、2014年9月よりサービスの提供を開始いたしました。農業とITを融合させ、農業を日本の未来を担う魅力的な産業にすることを目指しております。
 2015年8月に策定した四半期計画では、販売店会員232件、農家会員430件の登録件数としております。


運営会社 株式会社唐沢農機サービスについて
本社  :〒389-0512 長野県東御市滋野乙3012-1
代表者 :代表取締役社長 唐澤 健之(カラサワ タケユキ)
設立  :2007年
資本金 :1,000万円
TEL  :0268-62-5262
FAX  :0268-63-7085
URL  :リンク
事業内容:新品農業機械販売・農業機械修理・農業機械再生・WEBショップ運営(農家直売どっとこむ)・インターネット事業(東信州農の匠の玉手箱・ノウキナビ)・WEBサイト構築/運営

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。