logo

ミャンマーに配信拠点を新設、東南アジアでのビジネスエリアを拡大

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン 2015年08月17日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年8月17日

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

ミャンマーに配信拠点を新設、東南アジアでのビジネスエリアを拡大
~アジアのラストフロンティアへ向けた高速でセキュアなウェブ・モバイル配信環境を拡充~

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(本社:東京都新宿区、以下CDNetworks)は、KDDI株式会社*1(以下KDDI)とミャンマー国営郵便・電気通信事業体*2(以下MPT)によるミャンマーでの共同通信事業を通じて培った協力関係の下、東南アジアにおける13番目のCDN配信拠点(以下PoP)を同国に新設し、サービスの提供を開始したことを本日発表します。

「私たちのアジア地域におけるカバー率は、グローバルCDN事業者として最大級です。私たちは、ミャンマーでのPoP新設により、急成長する東南アジア大陸部でビジネス展開するお客様を、強力にサポートいたします。」 -CDNetworks CTO 丸田徹

現在、急成長するミャンマーにおいて、インターネット普及率はわずか2%*3 程度であり、携帯電話についても50%*4 程度です。これは、まだ5100万人近くのインターネットを利用していない未開拓市場がミャンマーにあることを示しています。また、フォーブス*5 によると、「ミャンマー経済は世界でも最も急成長している市場の一つであり、東南アジアで今後強力な新興経済国の一つとなります。」と評価されています。

CDNetworksは、新設されたミャンマーPoPを含め世界160以上のPoPを通して、お客様のECサイト・オンラインゲーム・モバイルアプリケーションなどをはじめとする、あらゆるウェブサイトやウェブアプリケーションを、世界中へ高速かつセキュアに届けます。

■ CDNetworks 「ウェブ・パフォーマンス・スイート」サービス詳細はこちら
リンク

以上

1本社:東京都千代田区、CDNetworksは2011年11月よりKDDIグループに参画
2 Myanmar Posts & Telecommunications(略称MPT)
3ミャンマーインターネット普及率の推移 リンク
4 各社IR情報にもとづくKDDI推定値
5 フォーブス 「The Rebirth Of Burma」
リンク

About KDDI Group
KDDIは、個人のお客さまには、日本において「au」携帯電話サービス及びインターネットサービスなどを提供しています。また、法人のお客さまには、国内外でネットワーク、「TELEHOUSE」データセンター、クラウドを活用したIT環境構築やセキュリティ対策運用アウトソーシングなど、様々なITソリューションサービスを展開しています。KDDIは、2014年7月に住友商事株式会社、MPTとの共同でミャンマーにおける通信事業を行うことに合意し、ミャンマーでの通信事業に参入しました。ミャンマーの通信品質の向上及び、サービスエリアの拡大により、さらに多くの人々がモバイル、インターネット、およびその他通信サービスを利用できる環境を整え、同国の経済発展と国民生活の向上に貢献する取り組みを進めています。リンク

About CDNetworks
CDNetworksは、CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)サービス専門企業として、世界中に分散配置する160を超える配信拠点(PoP)を通じて日々40,000以上のウェブを高速化しています。独自開発のグローバル高速配信プラットフォームを活用した大規模なサービス力で、エンタープライズ・アドテク・ソフトウェア・eコマース・ハイテク・メディアおよびゲームなど幅広い業界のお客様へサービスを提供しています。中国や東南アジア、そしてインド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などの新興市場においても自社PoPによって企業のグローバルな配信をサポートしている、唯一の、そしてアジア最大級のグローバル企業です。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・シンガポール・英国、そして米国にオフィスを構えています。詳細については、リンクをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。