logo

ウエディングドレスに憧れる奥さんは8割以上!?夫婦愛を再確認できる"○年越しの結婚式"に注目!

株式会社A.T.brides 2015年08月13日 15時54分
From PR TIMES

株式会社A.T.brides(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:大崎恵理子) が運営する結婚式場情報サイト『すぐ婚navi』は「夫婦愛を再確認できる"○年越しの結婚式"」に関する調査レポートを公開しました(リンク)。



新しいウエディングスタイルとして"○年越しの結婚式"が今、話題になっているのをご存知でしょうか。

最近だと、モデルの西山茉希さんと俳優の早乙女太一さんが結婚2年目の記念日に、ハワイで結婚式をしたことが話題になっていましたね。またサッカー選手の細貝萌さんは4年越しの結婚式、そして、やっくんこと薬丸裕英さんは25年越しの結婚式を叶え、ご夫婦の感動的なコメントや美しいウエディングドレス姿が注目を集めました。

そこで今回は、結婚式をしなかった既婚女性たちの、胸の内や結婚式事情について調査してみました。


【調査概要】
調査エリア:全国
調査方法:女性向けアプリ・サイト『ラルーン~女性の悩みケア~』会員様へのアンケート調査
調査期間:2015年3月
サンプル数:20~40代の結婚式を行っていない既婚女性246名 ※図1は複数回答可
調査結果:リンク


■結婚式をしない、を選んだ胸のうちとは?

[画像1: リンク ]

まずは「入籍はしたが、結婚式を行わなかった」という既婚女性246名に、結婚式をしなかった理由を詳しく聞いてみました。金銭的・期間的な理由、家族や仕事の事情、妊娠、再婚など、様々な要因があげられました。

…………………………………
金銭的な理由
「その当時貯金がなくて、結婚式をする余裕がなかった」
「お金がもったいないと思ってやめた。でも最近は父親とバージンロード歩けばよかったと思うようになった」
「結婚式より旅行にお金をかけたかった」

期間的な理由
「急に妊娠したため、ばたばたと結婚がきまり時間がなかった」
「結婚式が決まってから妊娠が発覚。体調のこともあり延期したが、そのままズルズルやらずにきてしまった」
「仕事が忙しく、入籍して落ち着いたら結婚式するつもりだったが、妊娠したのでできなくなってしまった」

とりまく環境による理由
「彼が再婚で式も披露宴も過去にやったので、ゲストを呼ぶのに抵抗があった。私は挙式だけでもしたかった」
「周りも結婚式していないし、特に結婚式に意味を感じなかった」
………………………………….

具体的な理由の中で特徴的だったのは「本当は結婚式をしたかったけど、できなくなってしまった」という女性の意見が多くみられたことです。様々な理由で結婚式ができなくなってしまった後でも、実は結婚式への憧れを胸に秘めている女性が多いようです。さらに、仕事や妊娠などとりまく環境がどんどんと変わっていく中で、結婚式をしたいと言い出せない状況になってしまっているようです。


■ドレスや結婚式に憧れている既婚女性は8割以上!

[画像2: リンク ]



先ほどの既婚女性246名に「今、もしできるとしたら結婚式をしたいですか?」と聞いたところ、結婚式をしたい、結婚式はしなくとも結婚衣装(ドレス)を着て写真を撮りたい、と答えた人があわせて約90%という驚きの結果となりました。一度結婚式を諦めてしまったとしても、やはり女性の心の中にはウエディングドレスや結婚式への憧れがあり続けるようです。


■夫婦愛を再確認"○年越しの結婚式"が感動的!
モデルの西山茉希さんのように、入籍して数年経ってからの"○年越しの結婚式"を叶えるカップルが、今どんどん増えています。そんな"○年越しの結婚式"を叶えたカップルの声を見てみましょう。
…………………………………
"○年越しの結婚式"をしたカップルの声

「憧れのウェディングドレスが着られたこと。子どもたちがおしゃれができたこと。そして何より5年前突然結婚した私たちにとって、友人たちに初めて子供を紹介できるきっかけになったことが本当によかった。また、これからも仲の良い家族・夫婦でいられるよう、誓うことができて感動しました(5年越しの結婚式・Nさん)」

「今さら結婚式なんて、周りからの批判があるのではないかと不安になることもありました。でも結婚式をすると伝えると、私達以上に子供や周りの人たちが喜んでくれました。慌ただしい日々の中で、家族やお世話になってきた人と向き合う時間ができたことが、何よりの宝物になりました(4年越しの結婚式・Sさん)」
※結婚式場情報サイト『すぐ婚navi』ご利用者様の声より
…………………………………

既に夫婦となっているから感じることのできる想い、それを家族や相手に伝える場所。それが、"○年越しの結婚式"の魅力のようです。さらに結婚式ではなく「バウ・リニューアル(結婚年数などに関係なく、夫婦が絆を深め愛の誓いを立てるという欧米の習慣)」として、夫婦愛を再確認するカップルも増えてきているようです。

近年では、お子様がいる新郎新婦が安心して打ち合わせできるキッズスペースがある結婚式場や、短期間で準備ができたり、費用を抑えることのできる結婚式プランも増えてきています。
今さら…なんて結婚式を諦めてしまうのはまだ早いのです!今だからできる、今しかできない"○年越しの結婚式"で夫婦愛を再確認してみてはいかがでしょうか。


■結婚式場情報サイト『すぐ婚navi』とは
URL:リンク

すぐ婚naviは、全国600以上の結婚式場および国内リゾート・海外リゾートなどの結婚式場情報を扱うWEBサイト。「いい式場が、安くなる。」というタグラインのもと、半年以内の結婚式費用が100万円以上お得になるすぐ婚特典や、利用者の下見や挙式のリアルな感想など、お得に賢く理想の結婚式を叶えるための情報を掲載中。WEBサイトだけでなく、実際に専任アドバイザーと式場探しなどの相談ができる「すぐ婚naviブライズデスク」を全国10店舗以上展開している。
※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社A.T.brides(エイティブライズ)広報 谷村
Tel:052-462-9861
Mail:press@at-brides.co.jp
URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。