logo

カピオラニ・コミュニティカレッジ(米国・ハワイ州) 日本人留学生 約6人に1人が実用英語技能検定を活用

公益財団法人 日本英語検定協会 2015年08月12日 11時02分
From Digital PR Platform


アメリカ合衆国(以下、米国)で最も多くの日本人留学生を受け入れる、米国・ハワイ州のカピオラニ・コミュニティカレッジ(Kapi’olani Community College 所在地:4303 Diamond Head Load, Honolulu, HI 96816 USA)におきまして、このたび、日本人留学生の約17%、つまり約6人に1人が、公益財団法人 日本英語検定協会(理事長:松川孝一 所在地:東京都新宿区、以下、英検協会)が実施・運営する、「実用英語技能検定」を活用して入学していることが、当カレッジの調べで分かりました。

今年2015年5月時点でカピオラニ・コミュニティカレッジに入学した日本人留学生は約280名、うち実用英語技能検定を活用しての入学者は47名です。 

【海外留学での語学力証明として認められる「実用英語技能検定」】

「実用英語技能検定」は、語学力証明資格として、現在、米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド等、海外の約400の教育機関で認定されています。日本の多くの学生が慣れ親しむ当検定を、そのまま海外留学の語学力証明として活用できることで、海外留学を目的とする、他の資格・検定試験を新たに受験する必要がなくなり、それが海外留学希望者にとっての大きなメリットとなっています。さらに「Speaking」能力測定におきまして、面接官と1対1の対面で行う当検定の面接形式が、グローバル人材として必要な双方向でのコミュニケーション能力を的確に測るものとして、こちらも高く評価されています。

こうした背景におきまして、カピオラニ・コミュニティカレッジは、およそ10年前の2004年1月から、米国で初めて当検定を入学のための語学力証明として採用し、その基準は、ESOL(注1)クラスは高校中級以上の準2級以上、ESOLの受講を必要とせず正規授業への参加が認められるのは2級A(注2)以上の取得としています。

《留学基準》
認定級:準2級・2級
詳細:ESOLクラス

認定級:2級A以上
詳細:正規授業への参加が可能

(注1)ESOLとは、English for Speakers of Other Language Programの略。英語を母国語とする学生と一緒に正規授業を受けることのできるレベルまで英語力を向上させるためのクラスです。
(注2)2級Aとは、2級の1次試験(RL筆記試験)を約75%以上の正答率で合格していることを表します。

【カピオラニ・コミュニティカレッジでの「実用英語技能検定」を利用した入学者数の推移】
*グラフは右上の画像をご参照下さい。
 (入学者数に関しては、準2級以上の各級の取得者の合算です。)

こうした動向に対しまして、カピオラニ・コミュニティカレッジ留学担当のTakashi Brandon Miyaki氏は次のように述べています。「2006年から実用英語技能検定を活用した日本人留学生の受け入れを開始し、以来、増加の一途を辿っています。当検定を活用して入学してくる学生の多くは、卒業時に大変優秀な成績を収めており、その後ハワイ大学に進学する学生も増えています。ハワイの最高のロケーションのなかで、一人でも多くの日本人留学生が一層、勉学にいそしみ研鑽を積んでもらうことを願ってやみません。」

カピオラニ・コミュニティカレッジは、入学後優秀な成績を収めている、実用英語技能検定を活用して留学する日本人学生を一人でも多く獲得していきたいと願っています。そこで、毎週土曜日に開催され、日本人観光客1万人程が毎回集まる「ファーマーズマーケット」におきまして、来場した日本人観光客に当検定を活用した留学のPR活動を行っていくことを現在計画中です。さらに日本国内の高等学校を訪問し、直接働きかけていくことも検討しています。

日本英語検定協会としましては、カピオラニ・コミュニティカレッジで当検定を認定基準としてご活用いただいていることに感謝の意を申し上げるとともに、日本人留学生の約6人に1人が当検定を活用しての入学であり、なおかつ卒業時に優秀な成績を収めていることに対し、たいへん喜ばしく思っています。

今後とも、わが国の「日本人留学生倍増計画」の実現に向け、一人でも多くの学生が夢を持ち、輝かしい未来を手にされるための留学促進の支援を続けてまいります。さらに実用英語技能検定を海外の多くの教育機関で認定いただけるよう、一層の試験の質の向上に努めてまいります。


<本件に関するお問い合わせ>
Kapi‘olani Community College留学担当   Takashi Brandon Miyaki
E-mail:tmiyaki@hawaii.edu
公益財団法人 日本英語検定協会 広報部 広報課 課長 高橋大輔
TEL:03-3266-6840 FAX:03-3266-6570 
E-mail: kouhou21@eiken.or.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。