logo

実践女子大学・実践女子大学短期大学部 学生ボランティア活動「岩手県宮古市支援プロジェクト」 ~「宮古市ボランティアウィーク」を実施

実践女子大学 2015年08月12日 08時05分
From Digital PR Platform


実践女子大学(東京都日野市、学長 田島眞)では、2011年11月より学生によるボランティア活動「岩手県宮古市支援プロジェクト」を立ち上げ、東日本大震災の被災地の一つである岩手県宮古市を支援する取り組みを行っている。


 この活動では、学生が仮設住宅などを訪問し、地域住民と写真立てやコースターなどのモノ作りや、同大卒業生で岩手県宮古市出身の音楽療法士による歌唱や身体運動などの音楽療法を行っている。

 今年は、「宮古市ボランティアウィーク」と称し、8月21日(金)~25日(火)の5日間、実践女子大学・同短期大学部の学生延べ105名が参加し、さまざまなボランティアを行う。その中の目玉として、同大卒業生で体操インストラクターの有賀暁子さんをお招きし、宮古市公開イベントとして「笑顔で実践!さわやかラジオ体操」を開催する。

■「笑顔で実践!さわやかラジオ体操」
【日 時】 2015年8月22日(土) 14:00~15:30(受付開場13:30)
【講 師】 有賀 暁子氏(本学卒業生)
【場 所】 岩手県宮古市 陸中ビル3階ホール
【内 容】 頭の体操、ストレッチ、ラジオ体操などみなさんで心と身体もリフレッシュ!
【主 催】 実践女子大学・実践女子大学短期大学部 東日本大震災岩手県宮古市支援プロジェクトH23~
【後 援】 宮古市、宮古市教育委員会、宮古市社会福祉協議会、宮古市中央通商店街振興組合、陸中建設株式会社

実践女子大学学生ボランティア「宮古市ボランティアウィーク」
【活動内容】
8月21日(金)
  午前: 1.食育講座(愛宕仮設団地)
       2.キーホルダー・コースターづくり(鍬ヶ崎仮設住宅)
  午後: 被災地学習「学ぶ防災」
8月22日(土)
  宮古市公開イベント「笑顔で実践!さわやかラジオ体操」
8月23日(日)
  午前: 1.被災地学習・実地講義(鹿児島大学地域防災教育研究センター・岩船昌起先生)
  午後: 料理教室(ご協力:田老婦人会)・気功の会
8月24日(月)
  午前: 1.被災地学習・実地講義(鹿児島大学地域防災教育研究センター・岩船昌起先生)
        2.実践桜会による囲碁の会(グリーンピア三陸みやこ仮設住宅 男の談話室・駐車場談話室)
  午後: 1.レクリエーション等(グリーンピア三陸みやこ仮設住宅 テニスコート集会所)
       2.プラスチックの風鈴作り(樫内仮設住宅)
       3.実践桜会による囲碁の会(グリーンピア三陸みやこ仮設住宅 グラウンド集会所)
8月25日(火)
  午前: 気功の会
  午後: 被災地学習「学ぶ防災」

▼本件に関するお問い合わせ先
 実践女子学園 地域連携推進室
 TEL: 042-585-8944(実践女子学園 地域連携推進室)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。