logo

ホワイトリスト型標的型攻撃対策 - キャンペーンを今月末まで期間延長「標的型攻撃対策 導入推進キャンペーン」実施中

株式会社ロックインターナショナルは、7月から実施しているホワイトリスト型標的型攻撃対策の導入推進キャンペーンを2015年8月末まで期間延長し、実施いたします。キャンペーン期間中、ホワイトリスト型サイバーセキュリティソリューション「Lumensionアプリケーションコントロール」の初期導入費用の割引を行うことにより、低予算での導入を実現します。

ホワイトリスト型標的型攻撃対策 - キャンペーンを今月末まで期間延長
「標的型攻撃対策 導入推進キャンペーン」実施中

株式会社ロックインターナショナル《東京都渋谷区代々木2-5-1、代表取締役 岩清水廣行》は、7月から実施しているホワイトリスト型標的型攻撃対策の導入推進キャンペーンを2015年8月末まで期間延長し、実施いたします。キャンペーン期間中、ホワイトリスト型サイバーセキュリティソリューション「Lumensionアプリケーションコントロール」の初期導入費用の割引を行うことにより、低予算での導入を実現します。

標的型攻撃には、従来のセキュリティ対策では対処できない2つの特徴があります。1つはゼロデイ攻撃であることです。アンチウイルスソフトの定義ファイルに対策が適用される前にウイルスが送りつけられるため、例えアンチウイルスソフトを導入している環境であっても検出・駆除することができません。もう1つの特徴は、特定の企業や団体を標的として、社内メールや投稿メールに成り済まして侵入することです。メールタイトルや添付ファイル名だけでなく、送信元のアドレスが不自然でないものに偽装されているケースが多く、職員のミスを誘います。メール取り扱いのルール決めやセキュリティ教育だけでは全てのミスを防ぐことは困難です。

ホワイトリスト型のセキュリティ対策は、実行を許可するファイルを事前に決めておき、それ以外の実行ファイルの実行を全てブロックする方法で不正ソフトの実行を防止します。この方法によりウイルスの実行をブロックし、感染を未然に防ぐことを実現しています。標的型攻撃に対する最も効果的な対策方法として、オフィスのPC環境をはじめ、産業、流通、医療など様々な環境でホワイトリスト型対策の導入が進んでいます。

「Lumensionアプリケーションコントロール」は、ホワイトリスト型のアプリケーション実行制御によるサイバー攻撃対策セキュリティソフトウェアです。標的型攻撃やゼロデイ攻撃など新種や未知のウイルスへの対策として活用されています。サーバ・クライアント型のシステムになるため、ネットワークの規模を問わずリモートで集中管理を行うことができ、セキュリティの強化と維持を効率的な運用で実現することが可能です。

本キャンペーンでは、ライセンス購入や年間保守費用、導入支援サービスや管理者向けトレーニングの実施費用等、導入時に発生する費用にキャンペーン割引を適用いたします。

■キャンペーン概要
□タイトル:標的型攻撃対策 導入推進キャンペーン
□期間: 2015年7月1日から8月31日(納品完了分まで)
□対象製品:Lumensionアプリケーションコントロールの新規・追加導入
□キャンペーン内容:初期導入費用(ライセンス・保守・導入支援費用等)の10%を割引
標的型攻撃対策・管理者向けトレーニングの実施

*オンサイト作業にて各種費用が発生する場合には別途お申し受けいたします。
*他のキャンペーンとの併用はできません。

■製品および関連製品の詳細情報はこちら
Lumensionアプリケーションコントロール:リンク

■評価版ダウンロードサイト
Lumensionエンドポイントセキュリティ評価版ダウンロード:
リンク

本製品は、Lumension社の開発製品であり、北米やヨーロッパの警察・捜査機関や軍隊、政府機関、国際機関、金融・保険機関等に多くの導入実績を持つ、“信頼できる情報漏洩対策ソフトウェア”として定評があります。国内では株式会社ロックインターナショナルが総代理店として販売いたします。

(平成27年8月11日)

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ロックインターナショナル
担当者名:宮坂 孝
TEL:03-5304-5395
Email:info@rockint.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事