logo

BOARD Software株式会社がセルフサービスのデータモデリングとデータローディングにより、ビジネスユーザーの生産性を向上

BOARD Software株式会社 2015年08月10日 09時30分
From RELEASE PRESS



統合型のビジネス情報収集(BI)/アナリティクス/パフォーマンス管理向けソフトウエアを提供する世界有数のソフトウエアプロバイダー、BOARD Software株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村 真吾、以下、BOARD Software)は、“Data Fast Track”(データ・ファースト・トラック)のリリースを発表致しました。Data Fast Trackは、自動的なデータ発見、モデリング、マッシュアップ、アップロードを実現するBOARD Softwareの新機能です。

Data Fast Trackは、セルフサービスのデータ準備を通じて、ビジネスユーザーにとっての「インサイトを得るまでの時間」を最小化します。ユーザーはこの新機能により、生データからITの助けを借りることなく、ほんの数秒で説得力のある視覚的分析を実行して、分析的アプリケーションを創出できるようになります。

この機能によって、ユーザーはデータセットに接続し、全データ項目における類似性や関係性を反映するデータモデルを自動的に構築できます。ユーザーは次に、別のデータセットを自動的にブレンドしたり、Excel用の環境で派生フィールドを作成したりすることで、このデータモデルを充実化させることができます。データモデルを完成させれば、ドラッグアンドドロップ環境によって、どのような分析でも瞬時に実行できます。

この段階で、ITチームは新規ビジネスモデルを企業レベルへと容易に昇格させて、完全なデータガバナンスを維持できます。

代表取締役社長の木村 真吾氏(President and Representative Director:Mr. Shingo Kimura)は、次のように述べています。「新しい“Data Fast Track”機能により、企業データガバナンスに対して妥協することなく、エンドユーザーのIT独立性を強化できます。この機能は、BI/パフォーマンス管理/データ発見分野における革命を意味しています。また、競合他社とは異なり、シングルプラットフォームでセルフサービスのデータディスカバリーと企業BIを管理しているため、データ環境の共有が不可能な2種製品によって管理するのとは全く性質が異なります。BOARD Softwareは従来のBI/パフォーマンス管理プラットフォームが実現できなかったセルフサービス機能全てに加え、他のデータディスカバリー製品が提供できないガバナンス機能も提供しています。」

◆BOARD Software株式会社 概要
会社名: BOARD Software株式会社
代表者: 代表取締役社長 木村 真吾
設立 : 2012年1月
所在地: 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー27階
URL  : リンク

◆BOARDについて
(“The New World of Business Intelligence and Performance Management”
リンク )
BOARDは意思決定の改善を通じた業績改善のためのソフトウエアで世界をリードしています。ビジネス情報収集と企業業績管理を単一の製品にまとめた「BOARDマネジメント・インテリジェンス」ソリューションでは、組織全体の業績を可視化して共有でき、組織内で情報の一元化を図ることが可能です。1994年以来、BOARDは多くのお客様に利用され、意思決定の改善を通じて業績の向上に貢献してきました。BOARDは世界的な再販ネットワークを持ち、世界各地に国内パートナーを有しています。



リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事