logo

オートデスク、新ゲームエンジン「Autodesk Stingray」を8月19日から提供開始

オートデスク株式会社は、3Dゲーム開発向け新ゲームエンジン「Autodesk Stingray」を8月19日(木)から月額5,000円(メーカー希望小売価格、税別)で発売します。

Autodesk Stingrayは、当社が2014年に買収したBitsquidエンジンの高性能かつデータ駆動型のアーキテクチャをベースに開発した新しいプラットフォームのゲームエンジンです。Stingrayはさまざまな業界標準のゲーム開発ワークフローに対応しています。また、3Dアニメーション ソフトウェアとの連携性が高く、当社の幅広いプラットフォーム上でシンプルなゲーム開発が可能になります。

Autodesk Stingrayの主な機能
・アートからエンジンへのシームレスなワークフロー
ワンクリックのワークフローおよびAutodesk Stingrayとオートデスクの3Dアニメーション ソフトウェアとのライブ連携により、3Dの素材のインポート、作成、反復、テスト、レビューやゲームプレイが手早く行えます。

・最新のデータ駆動型アーキテクチャ
動作の軽いコードベースにより、ゲーム開発者はソースコードへアクセスしなくてもエンジンやレンダラーに大幅な変更を加えることができます。

・高度なビジュアルとレンダリング
高性能なレンダリング パイプライン、物理ベースのシェーディング、高度なパーティクル効果、ポストプロセスのVFX、ライトマップの焼き付け、高性能の反射システムにより、魅力的なビジュアルのゲームを開発できます。

・実績あるクリエイティブ ツールセット
Autodesk Stingrayには、Beast、HumanIK、Navigation、Scaleform Studio(ScaleformをベースにしたUIテクノロジー)、FBX、Audiokinetic Wwise、NVIDIA PhysXなど、市場で実績のあるソリューションを搭載しています。

・さまざまな用途のゲームロジックの作成
Autodesk Stingrayには、習熟度の異なるゲーム開発者がより簡単にゲームを制作できるよう、視覚的なノードベースのスクリプトやLuaスクリプトなどさまざまな開発ツールが搭載されています。また、開発者の要望に応じてC + + ソースコードも追加で購入できます。

・マルチプラットフォームのデプロイメントとテスト
さまざまな対応プラットフォームすべてでゲームプレイやビジュアルを素早く変更し、その変更を適用できます。対応プラットフォームには、Apple iOS、Google Android、Microsoft Windows 7/8、Oculus Rift DevKit 2、Sony PlayStation 4、Microsoft XboxOneなどが含まれています。


今後のプロモーション活動
2015年8月26日(水)から28日(金)にパシフィコ横浜で開催されるコンピュータ エンターテインメント デベロッパーズ カンファレンス2015(CEDEC2015)において、Autodesk Stingrayを一般向けに初めてご紹介します。期間中にセッションを実施し、当社ブースにおいてもご紹介します。
セッションの詳細はこちら: リンク


当社は、2015年初めにサンフランシスコで開催されたGDC 2015でAutodesk Stingrayのプレビューを公開しました。プレビューの公開以降、世界中のゲーム開発者がAutodesk Stingrayのベータプログラムに参加し、Autodesk Stingrayを活用したゲーム作品を出荷しています。ベータプログラムの参加者からは以下のようなコメントをいただいています。

Fatshark社 CEO マーチン・ワーランド氏 コメント
「Autodesk Stingrayのデータ駆動型のアーキテクチャや柔軟性を通じて、当社はさまざまなゲーム作品を制作するとともに、コードやコンテンツのクリエーターの反復作業を高速化できたことで、生産性が大幅に向上しました。このゲームエンジンにより、これまでよりも短期間で高品質のゲームを開発できるため、当社の成功に欠かせないものとなっています。今後、オートデスクがこのゲームエンジンをどのように進化させてくれるのか、楽しみにしています」

Arrowhead Game Studios社 CEO ヨハン・パイルステット氏 コメント
「当社ではいつも、開発中のゲームが最終的にどのようなものになるのか想像もつきません。そして、このゲームエンジンはこのような当社の開発環境に合ったもので、つまり、どんなゲームでも制作することができるということです。実際に当社は、FPS、RTS、トップダウンシューター、ロールプレイングゲームなど、何でも制作することができます。特定のジャンルに縛られていないのです」

米オートデスク メディア&エンターテインメント担当上級副社長 クリス・ブラッドショー コメント
「ゲーム業界は、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、モバイルプラットフォームの普及の間で大きな変革の時期を迎えており、AAAや独立系のゲーム開発者に複雑さという新たな課題をもたらしています。当社は、このような課題を念頭にAutodesk Stingrayを開発しており、今回、ゲーム開発者コミュニティとこの発表を共有できることを嬉しく思います。Autodesk Stingrayにより、スキルやプログラミング経験の異なるさまざまなクリエーターが、次世代の3D超大作ゲーム、エンターテインメント、そして建築でさえも簡単かつ直感的に制作できます」

以上


Autodesk, Inc.会社概要
豊かな想像力と発想を基に、より良い世界を創り出す――オートデスクは、より良い世界を創り出す「デザイン」分野で世界中の人々を支援しています。設計者から、建築家、デジタル・アーティスト、学生、ホビー・ユーザまで、あらゆる人々が自身の創造力を存分に発揮し、大きな成果を上げられるよう、オートデスクは優れたソフトウェア製品を提供します。

オートデスク株式会社概要
本社:東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長:ルイス・グレスパン
設立:1985年4月1日
資本金:1億円
ホームページ:リンク

Autodeskは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。
(c) 2015 Autodesk, Inc. All rights reserved.

Autodesk is a registered trademark of Autodesk, Inc., and/or its subsidiaries and/or affiliates in the USA and/or other countries. All other brand names, product names or trademarks belong to their respective holders. Autodesk reserves the right to alter product and services offerings, and specifications and pricing at any time without notice, and is not responsible for typographical or graphical errors that may appear in this document.
(c) 2015 Autodesk, Inc. All rights reserved.

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。