logo

マリンソフトウェア、Instagram Ads APIをプラットフォームに統合

マリンソフトウェア株式会社 2015年08月07日 09時00分
From PR TIMES

限定された広告主様がMarin Social, powered by SocialMoovを利用し、Instagram Ads APIのキャンペーン構築、展開をアルファテストとして行います。

クロスチャンネルパフォーマンスアド・クラウド・プロバイダであるマリンソフトウェア株式会社(本社:米国サンフランシスコ、NYSE: MRIN、以下 マリンソフトウェア)は本日、Instagram Ads APIをMarin Social, powered by SocialMoovに統合したことを発表致しました。マリンソフトウェアは新しく開発されたInstagram Ads APIを利用し、Marin Socialプラットフォームを通してInstagram広告に対するサポートを提供致します。

最も急速に成長するモバイル分野のうちの一つInstagramを使うことで、3億以上のユーザがおり、ロイヤリティが高く、確かなコミュニティにソーシャル広告主様がリーチすることができます。Instagram Ads APIをサポートすることで、マリンソフトウェアのソーシャル広告管理プラットフォームによりブランドやエージェンシーは、FacebookやTwitterと同時に、Instagramのキャンペーンを作成し、ターゲティングし、最適化することができるようになります。さらにパブリッシャーを横断して、広告のパフォーマンス分析や管理の効率化を行うことが可能です。
Instagram Ads APIサポートの開発期間中、マリンソフトウェアは様々な広告主様とともに、ブランドアウェアネスやダイレクトレスポンスのキャンペーンを展開し、テストしてまいりました。NET-A-PORTERのHead of Marketing, InternationalであるHelen Mcgee氏は次のように述べております。

「Instagram Ads APIを使うことで、イベントを開始した24時間以内にヨーロッパのオーディエンスを正確にターゲティングすることができました。マリンソフトウェアのサポートにより、ブランドアウェアネスを高めることができ、お客様と特別なファッションのコンテンツを共有することがより簡単に可能となりました。」

マリンソフトウェアのHead of Global MarketingであるJohn McNultyは次のように述べております。

「お客様のInstagramに対するご要望が非常に高く、Instagram Ads APIを統合できることに興奮しております。マリンソフトウェアはこの急成長を遂げるモバイル分野での広告の展開や最適化に対し重要な役割を果たしていきます。」

リソース
InstagramでMarinsoftwareをフォロー(リンク
マリンソフトウェアジャパン Facebookページ(リンク


Instagramについて
Instagramは写真を通して、友人と日々の出来事を楽しく美しく共有するためのアプリです。携帯電話で写真を撮り、フィルターを使って、ずっと記憶に残るように画像を加工をしましょう。ユーザが写真を通して、友人の日々の出来事をまるで自分がそこにいたかのような体験できるように私達はInstagramを作っています。私達は写真を通して、世界はもっと繋がれると考えています。


マリンソフトウェアについて
マリンソフトウェアは、広告主および広告代理店が、ウェブおよびモバイルを横断して毎年72億ドル以上の広告費用を運用、管理、最適化するための最も優れたクロスチャンネルパフォーマンスアド・クラウドを提供しています。マリンソフトウェアはサーチ、ディスプレイ、ソーシャル広告向けの統合されたSaaSプラットフォームを提供し、マーケッターがROIを最大化し、時間を節約し、またより良い決断するためのお手伝いをしています。広告主はマリンソフトウェアを使って、生活者のサーチやソーシャル、ディスプレイでの動きからの購買意思を元に、正確なオーディエンスを作り、ターゲティングしています。サンフランシスコに本社をかまえ、9ヵ国にオフィスがあります。マリンソフトウェアの技術が世界中の最も大きなパブリッシャでの広告を自動化しています。マリンソフトウェアの製品の詳細については以下のサイトをご訪問ください。

リンク


将来の見通しに関する記述
本プレスリリースには、マリンソフトウェアの提供機能およびInstagram Ads APIのサポートをはじめとする「将来見通しに関する記述」が含まれます。将来見通しに関する記述は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)のセーフハーバー規定に該当する情報です。しかし、いくつかのリスク要因によって実際にはこれらの将来見通しに関する記述とは大きく異なる結果が生じる可能性があります。将来の見通しに影響を与えうるリスク要因には、次のような事柄が含まれます。(i)マリンソフトウェアの技術的、または実装上の問題、(ii)オンライン広告費およびモバイル広告費の成長の遅れ、鈍化または減速、(vii)価格圧力を含む競合要因、競合他社および競合製品の新規参入、(viii)弊社とパブリッシャー各社および広告代理店各社との関係および連携の悪化、(ix)弊社のプラットフォームに対する機能強化の開発能力および知的財産の保護能力。これらの将来予測に関する記述は現在の見込みに基づくものであり、不確実性および各種の条件、重要性、価値、効果の変化による影響を受ける恐れがあるほか、弊社が米国証券取引委員会に届け出ている10-Q登録届出書および8-K登録届出書を含む文書に記載の各種リスクによる影響を受ける恐れがあります。そのため、実際の結果が見込みと異なるものとなる可能性があります。マリンソフトウェアは本リリースの発表日以降にこれらの将来予測に関する記述を更新する意図はなく、その義務を負うものではありません。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。