logo

東京理科大学が8月30日に「サイエンスフェア2015in福岡」を開催 -- 科学の面白さを体験

東京理科大学 2015年08月07日 08時05分
From Digital PR Platform


東京理科大学は8月30日(日)に、福岡市中央区のエドガーラホールで「サイエンスフェア2015in福岡」を開催する。これは、2009年から毎年開催している恒例の夏休みイベント。小・中学生とその保護者および教員を対象に、実際に体験をすることで科学の面白さを実感してもらうことを目的としている。当日は、100円ショップで購入できるものを使った工作やセグウェイ型の乗り物「オムニライド」の試乗会、大正時代に生まれた手回し計算機「タイガー計算機」の体験などを実施する。入場料無料。


 今回の「サイエンスフェア2015in福岡」では、100円ショップで購入できるものを使って、工作をしながら科学の不思議を学ぶ「100円ショップで自由研究!」や、諏訪東京理科大学工学部機械工学科の星野研究室が開発した、1つのボールを車輪代わりに移動するセグウェイ型の乗り物「オムニライド」の試乗会などを実施。
 また、大正時代に生まれた手回し計算機「タイガー計算機」を体験できるコーナーや、液体窒素を使って低温の世界を知る実験、遺伝子を見て生物の仕組みを知るコーナーなど、科学の魅力を伝える場を提供する。

 さらに、「バンダナ先生」でおなじみの東京理科大学理数教育研究センター長・秋山 仁教授による、小学生を対象とした数の不思議を体験するスペクタクルショー「不思議めがねで観てみよう!」(要事前予約)も開催。なお、定員に達したため、申し込みの受け付けは終了している。

 「サイエンスフェア2015in福岡」の概要は下記の通り。

◆「サイエンスフェア2015in福岡」 概要
【日 時】 8月30日(日) 10:00~16:00(受付時間10:00~15:30)
【対 象】 小学生、中学生、ならびに保護者の皆様
【入場料】 無料
【会 場】
 エルガーラホール(エルガーラ博多大丸東館7階)
 ・福岡市中央区天神1丁目4-2
 アクセス: 地下鉄「天神南」駅、「天神」駅より徒歩約1~5分
【主 催】 東京理科大学
【後 援】 福岡県教育委員会、福岡市教育委員会

【主な内容】
■展示・体験ブース(10:00~16:00 随時開催) 場所:中ホール
・タイガー計算器と光の実験を体験してみよう!
 手回し計算機「タイガー計算器」で例題を解きながら、開発当時の技術の高さや現在の計算機への進化を考える。
・生物の設計図!~遺伝子を見てみよう~
 遺伝子(DNA)を目で見える形で取り出して実際に観察。
・バーチャルリアリティであそぼう!
 バーチャルの世界でカヌーをこぐ体験や、実際に手で触っているような感触が伝わる体験、会場で東京理科大学のキャンパスを散歩する体験も可能。
・液体窒素を使って低温の世界を知ろう!
 さまざまなものを液体窒素に入れて、思わぬ変化を観察。
・パーソナルモビリティに乗ってみよう!
 1つのボールを車輪代わりに移動する、セグウェイ型の乗り物「オムニライド」の試乗会を行う。
■「100円ショップで自由研究!」ブース 場所:会議室1
 100円ショップで購入できるいろいろなもので工作をして、科学の不思議を発見できる。
■秋山 仁のスペクタクルショー「不思議めがねで観てみよう!」 場所:多目的ホール
 小学生対象 事前予約制(申し込み受け付けは終了)
 東京理科大学理学部第一部応用数学科卒。NHK高校講座の数学講師などテレビ、ラジオにも多数出演。「バンダナ先生」として人気を博している。当日は、ユニークな語り口で、算数が苦手な子供たちに身の回りにある数の不思議、魅力を楽しく伝える。

●「サイエンスフェア2015in福岡」特設サイト
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 東京理科大学 広報課(担当:金澤・小原・筒井)
 TEL: 03-5228-8107
 FAX: 03-3260-5823
 E-mail: koho@admin.tus.ac.jp
 ※夏季休暇:8月8日(土)~20日(木)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事