logo

全世界1億超のユーザーを誇る名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」の法人向けサービス「CAMCARD BUSINESS」ローンチから1年で利用企業数1000社突破

~ビジネスシーンでのアプリ利用の台頭を背景に、企業への導入相次ぐ~ リンク

キングソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:翁永飆、以下キングソフト)は、全世界で1億以上のユーザー数を誇る名刺認識・管理アプリ「CAMCARD(キャムカード)」の法人向けサービス「CAMCARD BUSINESS」が、2014年8月のサービスプレローンチから約1年間で利用企業数1000社を突破したことをお知らせいたします。



[画像: リンク ]



「CAMCARD」は、スマートフォンで名刺を撮影するだけで自動で画像補正や高精度のOCR技術によりすぐに名刺情報をデータ化し、アプリ内でデータを管理できる名刺認識・管理アプリです。スマートフォンからだけではなく、クラウドに情報が保存されるのでパソコンから名刺情報の管理もできます。自身のプロフィールを登録すれば、アプリを利用するユーザー同士でデジタル名刺交換もできるので、紙の名刺を交換するだけでは成しえなかった業務効率化を高めることが出来ます。法人版である「CAMCARD BUSINESS」では、専門のスキャナーを用いて複数枚の名刺をまとめて取り込むことが可能であり、登録した各社員が保存した名刺情報を社内や部署、組織間で共有したり顧客情報をまとめて管理することができます。

「CAMCARD BUSINESS」は、昨年8月のサービスプレローンチ以降、1ヶ月平均約80社の企業様に新規利用して頂いており、2015年7月末で累計利用企業社数が1000社を突破しました。中でも、スマートフォンで名刺を瞬時にデータ化できる手軽さや、全社で利用しやすい価格設定が皆様からのご好評を得ており、利用企業数増加の理由にも繋がっております。

 当社では、今後も「CAMCARD」を始めとしたオフィスアプリの提供、改善により、ビジネス環境の基盤となるトータルソリューションを提供し、更に多くの方の仕事効率化に貢献できるように日々精進してまいります。


--------------------------------------------------
CAMCARD BUSINESSについて
--------------------------------------------------
CAMCARD BUSINESSは、名刺管理・顧客管理のビジネス向けサービスです。ユーザー企業の社員は、外出中でもスマートフォンを利用し名刺を撮影するだけで瞬時に名刺情報をデータ化し保存できます。さらに、商談管理やタスク管理もその場で簡単に登録することができます。また、帰社後は専門のスキャナーを用いて複数枚の名刺をまとめて取り込み可能です。企業としては、登録した各社員が保存した名刺情報を社内や部署、組織間で共有したり顧客情報をまとめて管理することができます。

サービスサイト:リンク


◯「CAMCARD BUSINESS」の特長

【名刺情報を瞬時にデータ化】
スマートフォンを使用して名刺を撮影するだけで、すぐに自動でトリミングや明るさ調整などの画像補正を開始します。アプリに高精度のOCR変換技術を搭載しているため最速のデータ化スピードを実現します。

【スキャナー一括取り込み】
スキャナーを利用して大量の名刺もまとめてデータ化可能です。1分間に両面25枚分の名刺をスキャンでき、アマゾン ウェブサービスを利用したクラウド環境へアップロードされ、ユーザーアカウントへ保存することができます。

【オペレーターによる高精度補正】
各プランの契約枚数内であれば、クロスチェックによる精度99.9%のオペレーターによるデータ補正も利用できます。

【商談・タスク管理などのCRM機能】
データ化した名刺情報に、顧客との商談情報やタスクを関連づけて登録できます。上司への報告や確認もアプリ内で行うことができ、情報を共有している社内メンバー間で効果的且つスムーズな営業活動をサポートします。

【企業管理者機能】
パソコンを利用「ユーザー管理」「部門管理」「共有設定」「名刺の引継ぎ」「セキュリティ制限」など名刺情報の漏洩防止や企業で名刺情報を資産化し営業活用していくために充分な機能を実装しています。

【外部連携】
エクセルファイルへのエクスポートはもちろん、「Salesforce」や「Outlook」の外部システムと連携することも可能です。

【圧倒的な価格競争力】
他社と比較しても同等のサービスでありながら、低価格で提供いたします。


--------------------------------------------------
キングソフト株式会社について
--------------------------------------------------
キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」を展開。業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」をはじめ、革新的なアプリを次々とリリースし、特にスマートフォンの分野においては広告事業におけるイノベーションを加速させています。グループ会社であり、スマホ広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、2015年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」の日本市場向け提供を開始。『スマホ×広告』という新たな市場に大きなインパクトを与えようとしています。


キングソフト株式会社
URL : リンク
本社 : 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立 : 2005年3月
資本金 : 6億1920万円(資本準備金を含む)
従業員数: 87 名(2015年5月時点)
代表者 : 代表取締役 翁 永飆

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事