logo

【新製品】 無線ネットワークを不正アクセスやサイバー攻撃から守る!無線侵入防止システム(WIPS)の「AIRTMS」を発売開始

株式会社アイタス・ジャパン 2015年08月06日 11時50分
From PR TIMES

株式会社アイタス・ジャパン(東京都中央区、代表取締役:孫 尚郁)は、8月6日(木)より、無線侵入防止システム「WIPS」(Wireless Intrusion Prevention System)の最新鋭機種である、「AIRTMS」(エアーティ・エム・エス)を発売開始いたします。

「AIRTMS」は、韓国のKornic Glory社が開発した製品で、既に韓国国内では国家機関、大手銀行、通信キャリア等での導入実績を持っており、韓国国内でWIPS機器シェアNo.1の実績を持っています。 無線ネットワークへのサイバー攻撃や、機密資料流出等の懸念が高まる中、その対策に有効なツールとして、この度アイタス・ジャパンが日本総代理店として初めて販売を開始いたします。



【無線ネットワーク環境のリスクや脅威、その対策は「AIRTMS」】

有線ネットワークではファイアウォール等での外部からの不正アクセスやサイバー攻撃などの対策が施されているのが一般的ですが、無線ネットワークに関しては未だに無線ルータのセキュリティ機能に依存しているケースが多く、無線ネットワークセキュリティの脆弱性を突いたサイバー攻撃や機密情報/個人情報漏洩の事件も多発しています。
無線ネットワークのセキュリティを強化し、ネットワーク外部からの攻撃による脅威、内部からの情報不正アクセスやセキュリティ不備からネットワークを守れるのが、無線侵入防止システムの「AIRTMS」です。

・製品は「マネージャ機器」と「センサー機器の構成」。
- マネージャ機器:各センサー機器を統括管理、モニターリング、設定等を行う。
- センサー機器:使用環境周囲の無線信号、通信をキャッチし、不正な接続や侵入を検知、遮断、排除する。
・外部からの侵入はもちろん、内部からの外部無線ネットワークへの不正接続を、制限、遮断、管理可能。
・Wi-Fiだけではなく、Ad-Hocやテザリング、USB等携帯タイプのAP(アクセスポイント)、Bluetoothも検知(2016年上半期対応予定)、遮断可能。
[画像1: リンク ]

また、「AIRTMS」には、他のWIPS製品と比べ、下記の強みが備わっています。
・業界トップの同時遮断数(最大25端末制御可能)
・業界トップの検知/遮断速度(4秒以内遮断、他製品の場合、平均15秒~20秒)
・APコントローラ、認証サーバ連動機能(APコントローラとの連動時、全てのベンダをサポート可能)
・ネットワーク障害時にもセンサー機器は検知・遮断の動作可能。(独自運用可能で、約2日間のログ保存可能)

【製品、ソリューション等に関して】

本製品はご使用のネットワーク構成により、導入機器数や構成が異なりますので、下記当社AIRTMS担当までお問い合わせ下さい。

<製品内容 – マネージャ>
[画像2: リンク ]

<製品内容 - センサー>
[画像3: リンク ]


■アイタス・ジャパンの概要
会社名 :株式会社アイタス・ジャパン
代表 :孫 尚郁
所在地 :東京都中央区日本橋馬喰町2-7-8 G-PLACE日本橋ビル3階
主要事業 :有線/無線通信機器の販売および輸出入
ホームページ :リンク

■本件に関するお問い合わせ
株式会社アイタス・ジャパン AIRTMS担当
電話 :03-5649-1161
Mail :subitus@itus.co.jp


<プレスリリース文書(PDF)>
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。