logo

cloudpack、AWS Direct Connectと「フレッツ・VPNワイド」を利用したクラウドとの拠点間接続サービスを西日本向けに販売開始

アイレット株式会社 2015年08月05日 13時00分
From PR TIMES

cloudpack(運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤 将平)は、8月5日(水)より、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)が提供するAWS Direct Connect(※1)大阪ロケーションと西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)が提供するフレッツアクセスサービス(※2)および「フレッツ・VPN ワイド」(※3)を利用した、クラウドとの拠点間接続サービスを開始いたします。

2012年4月からcloudpack が提供を行っている「専用接続プラン with 光」ではAWSの東京リージョンを利用した専用線直結のプランとなっており、西日本に拠点を持つお客さまの場合には、NTT西日本と東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)を接続する東西接続サービスの利用が必要でしたが、2015年8月5日からAWSのAWS Direct Connect 大阪ロケーションの開設に伴い、西日本エリアのお客さまに直接NTT西日本のフレッツ網からAWSにアクセスいただくことが可能となりました。

サービスプランの詳細や料金につきましては、8月上旬のサービスイン時に公開予定となっております。ご希望のお客様は弊社サイト内お問い合わせフォームからお問い合わせください。

→ リンク

cloudpackはユーザー企業のクラウド導入における課題解決のプロフェッショナル企業として、サービスの更なる品質向上に取り組んでまいります。

※1 AWS Direct Connect とは
お客様からAWS への専用ネットワーク接続を簡単に確立するAWS Direct Connect は、AWS とデータセンターやオフィス、またはコロケーション環境間にプライベートな接続を確立することが可能です。ネットワークのコストを削減し、帯域幅のスループットを向上させ、また、インターネットベースの接続よりも一貫性のあるネットワークを提供しています。さらに、業界標準の 802.1q VLAN を使用し、専用接続を複数の論理接続に分割することができ、パブリックとプライベートの環境間におけるネットワークの分離を維持しながら、パブリック IP アドレススペースを使用して Amazon Simple Storage Service(Amazon S3) に格納されたオブジェクトなどのパブリックリソースにアクセス、およびプライベート IP スペースを使用して Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)内で実行されている Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2) インスタンスなどのプライベートリソースにアクセスするために同じ接続を使用することが可能です。

※2 本サービスの対象となる「フレッツアクセスサービス」とは
「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ/マンション・ハイスピードタイプ」、「フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ/マンションタイプ」および「フレッツ・光プレミアム/Bフレッツ/フレッツ・ADSL/フレッツ・ISDN」が対象となります。
サービスの詳細および提供条件についてはNTT西日本フレッツ公式サイト(リンク)にてご確認ください。

※3 フレッツ・VPN ワイドとは
NTT西日本が提供する「フレッツ 光ネクスト」等を利用して、複数拠点を接続することが可能なVPNサービス。提供条件についての詳細はNTT西日本「フレッツ・VPN ワイド」公式サイト(リンク)にてご確認ください。なお、「フレッツ・VPN ワイド」はベストエフォート型のサービスであるため、通信品質を保証するものではありませんので、リアルタイムモニタリング等、通信速度や常時接続性を必要とした用途には、「ビジネスイーサ ワイド」等のギャランティー型サービスのご利用をお勧めしております。
サービスの詳細および提供条件についてはNTT西日本の「ビジネスイーサ ワイド」のサイト(リンク)にてご確認ください。

【cloudpackについて】
cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※a)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後3年連続で認定されています(※b)。

運営会名:アイレット株式会社 リンク
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金:7,000万円
事業内容:クラウド導入事業、Androidアプリ開発事業、システム開発、システム運用・保守事業、
サーバーハウジング・ホスティング事業

※a AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。現在、AWS活用を支援する国内外のパートナーは世界で10,000社以上となっております。(2014年11月現在)
※b 日本初の3年連続での認定は日本企業ではcloudpackと野村総合研究所のみとなります。
※Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、AWS Direct Connect、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)、Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)、 Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。