logo

辛い渋滞を子どもと楽しく過ごす方法ランキングベスト3回答は、「しりとり」「歌う」「ほかの車を観察」



インプレスグループで、女性向けインターネット事業を手がけるStyle us(スタイラス)株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎綾)は、自社で展開する暮らしの口コミ共有サイト「gooppy(グーピー)」に寄せられた、辛い渋滞を子どもと楽しく過ごす方法に関する投稿を集計し、発表いたします。

間もなく夏の帰省シーズン。NEXCO中日本によると、今年は8月8日(土)・9日(日)・13日(木)?15日(土)が渋滞のピークになると予想されています。大人も子どもも渋滞はいやなものですが、特に我慢の苦手な子どもには辛い時間ですよね。そこで今回は「辛い渋滞を子どもと楽しく過ごす方法ランキング」という質問に寄せられたユーザーのベスト3回答を集計し、gooppyユーザーが子どもとどのように渋滞を過ごしているかを探りました。

最もポイントを集めたのが「しりとり」。110ポイントで1位にランクされました。「家族みんなが参加でき、渋滞でも楽しい時間が過ごせる(大阪府・女性)」と、ドライバーも含めて家族みんなでできる点が評価されているようです。また、「まずはしりとり!動詞も形容詞もセリフもなんでもあり!子どもの発想に驚くこともたびたびあります(静岡県・女性)」と、語彙が少ない子どもに合わせてルールを緩めるなど工夫をされている方もおられました。

2位には92ポイントで「歌を歌う」が入りました。「子どもは歌が大好き!おっきい声で歌うと、渋滞のストレスもすっきり♪(神奈川県・女性)」と、子どもたちが好きな歌を大声で歌うことで、渋滞のストレスも忘れられるようです。また「この歌な?んだ、とクイズ形式にするともっと喜ぶ(神奈川県・女性)」といった工夫をされている方もいらっしゃいました。

3位には82ポイントで「ほかの車を観察」が入りました。「車のナンバープレートを見て、○○(地名)はどこにあるかな?とか話のネタにします(愛知県・女性)」と、車の色や形、ナンバーなどをネタに話をふくらませているようです。

4位は73ポイントで「車のナンバーで計算」、5位には60ポイントで「映画鑑賞」、6位には15ポイントで「お菓子を食べる」が入りました。4位以下にも、特長あるコメントが寄せられています。

<車のナンバーで計算>計算して10になるようにしたり、0になるようにしたり・・・。おもしろいです。(神奈川県・女性)

[画像: リンク ]

【データ】Style us株式会社の運営する、暮らしの口コミ共有サイト「gooppy(グーピー)」でのベスト3お題「辛い渋滞を子どもと楽しく過ごす方法ランキング(リンク)」への回答を集計。1位回答3ポイント、2位回答2ポイント、3位回答1ポイントとして2015年8月3日時点のデータを集計。回答数89。

帰省時の高速道路では、後部座席のディスプレイでアニメなどを流している車が多く、「映画鑑賞」はもっと上位にランクインすると予想していましたが結果は5位。上位には大人も一緒にできることが大部分を占める結果となりました。どうしてこのような結果になったのか。「眠気防止にもなり意外と頭使うので良いと思います(神奈川県・男性)」「大声で歌えば、運転手も眠気が吹っ飛ぶ!(東京都・男性)」といった男性のコメントにヒントが隠れていました。首都高速道路株式会社の2011年の統計では、雨の日に続いて渋滞時の事故発生率が高いことが報告されており、その多くは居眠りによる追突事故とみられます。今回のランキング上位は、子どもの退屈を紛らわせるほか、ドライバーの眠気防止対策も兼ねているのですね。これからの帰省シーズン、お子さまだけでなくドライバーのケアもしてあげてください。

◇みんなが選んだ「辛い渋滞を子どもと楽しく過ごす方法ランキング」
リンク

今後もStyle us株式会社では、gooppyに寄せられたユーザーの回答を定期的に集計・分析し、ユーザーのリアルな嗜好や傾向を発信してまいります。
以上

【gooppy(グーピー)】リンク
”goodな口コミでhappyな暮らし”をキャッチコピーに、暮らしをより便利に素敵にする口コミ情報をベスト3とQ&Aで共有・閲覧できるほか、地域のスポット情報や特売・セール・イベント情報も配信する、暮らし情報サイトです。地域店舗にも新たな広告宣伝の門戸を開き、新しいエコシステムを備えています。

【Style us(スタイラス)株式会社】 リンク
女性が明るく素敵に暮らすためにできることがまだまだたくさんあると、私たちは考えています。「私たちのスタイル」の意味を持つStyle usは、これからも女性のための豊かな生活価値を創造してまいります。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【本件に関するお問合せ先】
Style us株式会社 担当:岩崎
Tel: 03-5275-1227 / E-mail: mailto:info@style-us.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。