logo

ISO 26262認証取得を簡略化する車載用8bitマイコン向けの新しいセーフティ・ドキュメント・パッケージを発表

STマイクロエレクトロニクス 2015年08月05日 09時30分
From PR TIMES



[画像: リンク ]



STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、車載用8bitマイクロコントローラ(マイコン) STM8AFを搭載したシステム向けに、セーフティ・マニュアルおよびFMEDA(1) ドキュメントを発表しました。これにより、ISO 26262機能安全規格(ASIL-Bまで)の認証取得が簡略化されます。

CAN・LINドライバやタッチスクリーン・LCD制御などの付加価値機能を特徴とするSTM8AFは、AEC-Q100認証を取得しており、シート・アジャスタ、計器類、照明制御コントローラといったボディ / インフォテイメント機器向けのコスト効率に優れた製品として、幅広く採用されています。信頼性の高い動作が快適性とドライバの集中力を向上させ、より良質かつ安全なユーザ体験につながるという考えから、車載機器メーカーはISO 26262機能安全規格(ASIL(2) A / B)に適合したシステムを設計する傾向にあります。新しいセーフティ・ツールであるSTM8A-SafeASILには、設計者がマイコンを適切に動作させる上で必要な安全性レベルを実現する手法が記載されているため、設計者は同規格への適合が容易になります。

このセーフティ・マニュアルは、機能安全ソリューションのリーダー企業であるYOGITECH社の支援の下、開発されました。このマニュアルには、ハードウェア設計とソフトウェア統合に関するガイダンス(ヒントのリストを含む)が記載されており、STM8AFの正常かつ安全な動作と、マイコンに起因するシステム障害の回避が可能になります。

付属のFMEDAには、STM8 IPブロックの障害に関する可能性が詳述されており、設計中のアプリケーションにおいて必要なシステム安全性が実現されているかを確認するために役立ちます。

このセーフティ・ドキュメント・パッケージは、8bitマイコン向けとしては業界初です。セーフティ・マニュアルは、STM8Aのユーザであれば、リンク より無償ダウンロードできます。FMEDAも無償提供中ですが、機密保持契約(NDA)への署名が必要になります

詳細については、 リンク をご覧ください。

(1)FMEDA:故障モード影響診断解析(Failure Modes, Effects, and Diagnostic Analysis)
(2)ASIL:自動車安全性レベル(Automotive Safety Integrity Level)。ASIL Aは、安全標準が適用可能であると判断されるシステムに対する、最も低い安全性レベルです。通常、ABS、エアバッグ、電動パワー・ステアリング、エンジン制御、高度運転支援システム(ADAS)などの車両安全システムは、より高い安全性レベル(最高はASIL D)で認証されています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。2014年の売上は74.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。