logo

成層圏で自撮り!?地上30,000mでのプロジェクションマッピングに参加しよう

プロジェクションマッピング「Mission to the Earth」参加者を募集



[画像1: リンク ]

成層圏で自撮り、参加者を大募集!
これまでは宇宙飛行士の特権だった「宇宙での自撮り」。いつかは青い地球をバックに写真を撮ってみたい――
8月下旬、ブラザー工業がそんな夢をかなえる参加型のプロジェクションマッピング「Mission to the Earth」を実施する。
「Mission to the Earth」特設ページ
リンク

[画像2: リンク ]



顔写真を乗せ、バルーンが成層圏に

このイベントは、カメラとプロジェクター、宇宙飛行士人形を付けたスペースバルーンを地上30,000メートルの成層圏まで打ち上げ、世界中から募集した顔写真を抽選で人形に投影するというもの。投影用の顔写真は8月4日(火)~8月16日(日)にブラザー工業の環境スペシャルサイト「brotherearth.com」内の特設ページで募集される(画像を応募するにはスマートフォンが必要)。

成層圏での投影のため、地上から肉眼でプロジェクションマッピングを見ることはできないが、バルーンに付いたカメラで撮影した映像は9月にスペシャルサイト上で公開される。映像は好きなタイミングで静止画として保存できるので、美しい地球をバックに、宇宙で自撮りをしているかのような画像をダウンロードすることができる。

▼応募の手順
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]






気軽に宇宙旅行へ行ける時代はもう少し先になりそうだが、「Mission to the Earth」に参加し、一足先に地球をバックにした自撮りを体験しよう。

「Mission to the Earth」特設ページ ※画像の応募はスマートフォンのみ対応
[画像6: リンク ]

■URL:リンク
■自撮り画像募集期間:2015年8月4日(火)~8月16日(日)
■スペースバルーン打ち上げ予定:8月下旬
■動画公開予定:9月下旬


<イベントに関するお問い合わせ先>
ブラザー工業株式会社 コーポレートコミュニケーション部 杉村・伊藤 TEL:052-824-2311

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事