logo

インテル、Maker Faire Tokyo 2015でインテル(R) Edisonを活用した作品を多数展示

~多くの来場者が新しいカタチのエンターティンメント作品を体験~

インテル株式会社(東京本社:東京都千代田区丸の内 3-1-1、代表取締役社長 江田 麻季子)は、8月1日(土)~2日(日)に東京ビッグサイトで開催されるMaker Faire Tokyo 2015に出展し、超小型コンピューターとして注目を集める「インテル(R) Edison」を活用した多数の作品を紹介しました。



小さいこどもから大人まで、たくさんの人々が「インテル入ってる」で実現した、新しいカタチのエンターティンメント作品を体験しました。また、「インテル(R) Edison」が搭載されたリモコンを用いて、レゴ ブロックで組み立てたロボットカーを操縦するワークショップでも親子で楽しく取り組む姿が見られました。

以下、展示作品とワークショップの様子をご紹介します。

A) インテル(R) Edison 開発プラットフォームを活用した作品展示(作品提供会社)
1.「Words Band」
小型ディスプレイ搭載のバンドを使って、ライブ等でアーティストの歌詞をリアルタイムで送ることが出来るデバイス(株式会社aircord)
[画像1: リンク ]


2.「召還!らくがきモンスターズ」
魔法のスケッチブックに描いたモンスターのイラストを召還し、プレイヤーが声でモンスターを操り、バトルするゲーム(株式会社ココノヱ)
[画像2: リンク ]



3.「COCORO」
あらゆる物が“話し相手”になるハート型のデバイス。ぬいぐるみにつけるだけで、「ぬいぐるみとおしゃべりしたい」という子どもの夢が実現(株式会社BIRDMAN)
[画像3: リンク ]



4.「空飛ぶ電子生物」
会場の上部空間を利用して、空を漂うクラゲ(電子生物)が出現(株式会社カヤック:)
[画像4: リンク ]



5.「Robot Turtle」
インテル(R) Edison 開発プラットフォームで制御された亀形ロボット(有限会社浅草ギ研)
[画像5: リンク ]



B)親子参加型ワークショップ「インテル(R) Edisonでリモコン操作!ロボットカーを走らせよう!」

超小型コンピューター 「インテル(R) Edison」が搭載されたリモコンをレゴ(R) ブロックで組み立て、「教育版レゴ(R) マインドストーム(R)」で作られたロボットカーを操縦。参加者の皆様には、「インテル(R) Edison 」をレゴ(R) ブロックに搭載するためのマウンターとレゴ(R) ブロックをプレゼントしました。
[画像6: リンク ]



* Intel、インテル、Intel ロゴ、Coreは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。