logo

『カンボジア 伝統の森』にて途絶えかけた伝統工芸の復興を成功させた 森本 喜久男さんを招いてメッセージライブ ~8/29(土)神戸にて開催~

株式会社フェリシモ 2015年07月31日 17時00分
From PR TIMES

株式会社フェリシモが主催する神戸学校では、8月29日にIKTT(クメール伝統織物研究所)所長の森本喜久男さんをゲストにメッセージライブを開催いたします。森本さんはカンボジアで「伝統の森」という名の村をゼロから作り、伝統工芸の復興に携わっておられます。 カンボジアで長く続いた内戦は、仏像や寺院などの文化財を破壊するとともに人々の暮らしもズタズタにしてしまいました。ようやく内戦が終結したとき、国を復興する一番の力となる世代は戦死し、それまで口承と実践で継承されてきた人々の生活を支える伝統や技術が途絶えるという危機に瀕していました。この世代の隙間を埋めるかのように、おばあさんから孫の世代へと伝統のカンボジアシルクの織物「クメール織」を復活させようと、立ち上がったのが京都生まれの友禅職人、森本さんでした。



神戸学校のお申し込みはこちら >>>リンク

神戸学校では、人々の暮らしと文化の復興を成し遂げた森本さんのこれまでの物語とともに、「伝統の森」を作った森本さんの考え方、そして「スーパーナチュラル」という世界的な兆しが見えはじめている染織ルネサンスを希求する森本さんのこれからの夢についてお話をうかがいます。

■神戸学校 2015年8月 開催概要
[画像1: リンク ]

・ゲスト :森本 喜久男さん
<IKTT(クメール伝統織物研究所)所長>
・テーマ:「『カンボジア 伝統の森』~民族の誇りを取り戻させた日本人のはなし~」
・日 時:2015年8月29日(土)13:30~16:00 
*13:00開場
・場 所:神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地)
JR・阪神・阪急・地下鉄「三宮」より徒歩約10分
・参加料:おひとり一般 1,200円(学生 1,000円)
ペア(おふたり)一般 2,000円(学生 1,600円)
*中学生以下の方は無料
*神戸学校の参加料は、全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児への支援に活用されています。

■ゲストプロフィール
森本 喜久男(もりもと きくお)さん
1948年京都に生まれる。1996年にカンボジアの現地NGOとしてIKTTをプノンペン郊外のタクマウ市に設立し、内戦下で途絶えかけていたカンボジア伝統の絹織物の復興に取り組む。2000年、IKTTをシェムリアップに移転し工房を開設、研修生を受け入れ、技術の継承に努める。2002年、シェムリアップ州アンコールトム郡に土地を取得し、2003年から「伝統の森・再生計画」に着手。荒地を開墾し、畑をつくり、木々を植え、織物製作に必要な自然素材を自給自足できる工芸村を実現させた。現在「伝統の森」には約150人が暮らす。著書に『メコンにまかせ 東北タイ・カンボジアの村から』(第一書林)、『カンボジアに村をつくった日本人~世界から注目される自然環境再生プロジェクト』(白水社)など。2004年に第11回ロレックス賞受賞、2010年に社会貢献支援財団より社会貢献者表彰、2012年に大同生命地域研究特別賞、2014年に外務大臣表彰およびソロプチミスト日本財団より社会貢献賞。

■神戸学校とは
[画像2: リンク ]

株式会社フェリシモが主催する神戸学校は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートしたメッセージライブです。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。8月で220回目の開催となります。参加料は全額あしなが育英会を通じて、東日本大震災遺児のために活用されています。

■お申し込み方法
神戸学校ウェブサイトよりお申し込みください >>> リンク
※お問い合わせ
神戸学校事務局 TEL:078-325-5727(平日10:00~17:00)
kobe@felissimo.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。