logo

Equinix社は香港のデータセンター相互接続事業のためにInfinera社のCloud Xpressを採用

インフィネラ・ジャパン株式会社 2015年07月29日 11時00分
From PR TIMES

Infinera社は、Equinix社が同社のCloud Xpress 製品を香港のデータセンター間の接続に採用したと発表しました。

Equinix社は香港のデータセンター相互接続事業のためにInfinera社のCloud Xpressを採用

カリフォルニア州サニーベ-ル、2015年7月21日発表、 Intelligent Transport Networks製品の提供者であるInfinera社は、Equinix社が同社のCloud Xpress 製品を香港のデータセンター間の接続に採用したと発表しました。Infinera Cloud Xpressは超高密度、容易な操作性、および低消費電力のプラットホームをEquinix社に提供します。

Equinix社はグローバルに展開する接続性とデータセンターサービスを提供する会社で、アメリカ大陸、EMEA、およびアジア太平洋地域の15ヵ国で33のInternational Business Exchange™(IBX(R) )データセンターを運営しています。Equinix社のIBXデータセンターは主要なネットワークおよび企業に相互接続の場を提供することにより、それらの企業、サービスプロバイダー、および新興企業に必要なビジネス・エコシステムを構築します。

Equinix社がInfinera社のCloud Xpressを選択した理由は、香港にあるEquinix社施設間を大容量ネットワークで接続する必要性からです。これによりEquinix社はお客様に対して単一ビルに限らず広範囲に、また効率的にエコシステムを提供することができます。

Infinera社のCloud Xpressはユニークなフォトニック集積回路技術を採用しており、わずか2ラック構成で毎秒1テラビット(Tb/s)の入出力容量が可能なため、データセンターに対して高性能な相互接続を実現する理想的な製品です。また、Cloud Xpressは、スーパーチャンネルのDWDM回線には単一のファイバー線を使用しているため、操作も簡単です。また、他社の同一製品に比べ消費電力も少なく、省スペースでもあります。さらに、同製品はあらゆるデータセンターのオペレーション・モデルにも適応できるように柔軟に設計されていて、既存のSDNクラウドの製品にプラグインできるような機能など、多彩なオプションを提供しています。

Equinix社、ネットワーク/オペレーション専務理事、ラファエル・ホウ氏(Raphael Ho)は次のように語っています。「Equinix社の事業は世界的に急成長しており、香港はその例外ではありません。香港での我社の拠点となる3つのIBXデータセンターは既に340企業以上のお客様を有し、これらの2つのサイトの拡張を始めたことを最近発表しました。高密度、低消費電力、およびにラック・スタックの簡単操作であるCloud Xpressは、私たちのサイト間のネットワーク容量を広げるための理想的なソリューションであります」

Infinera社、クラウドネットワーク戦略・技術副社長、スチュー・エルビー(Stu Elby)は次のように語っています。「Equinixや同じようなデータセンターのオペレータは、省スペースで低消費電力であり、なおかつ高帯域幅の製品需要の増大を予測しています。Cloud Xpressは特別仕様のラック・スタック構成のDWDMプラットホームであり、データセンターのニーズに応える製品で、世界のネットワークシステムを牽引する製品です」

Infinera社は、2014年に、クラウドサービスプロバイダー、インターネットコンテンツプロバイダー、インターネットエクスチェンジサービスプロバイダー、および他の大規模データセンターオペレータのために、Cloud Xpress製品群を発表しました。これらは、クラウドのために最適化されたDWDMソリューションです。Infinera社は最近、Cloud Xpress with 100 gigabit Ethernetを発表しました。この製品は、各規模のお客様のニーズに応えるために、10GbE、40GbE、および100GbEインタフェースから選べるようになっています。

●連絡先:
・メディアの方:
アンナ・ビュー(Anna Vue)
Tel. +1 (916) 595-8157
avue@infinera.com

・投資家の方:
ジェフ・ハスティス(Jeff Hustis)
Tel: + 1 (408) 213-7150
jhustis@infinera.com

●Infinera社について:
Infinera社(ナスダック: INFN)はIntelligent Transport Networksをネットワーク・オペレータに提供することにより、信頼でき、操作しやすい、高容量の光ネットワークを可能にします。Infinera社の独自の大規模フォトニック集積回路は、最も過酷なネットワーク環境でも使用でき、革新的な光ネットワークソリューションを提供します。Intelligent Transport Networksは、キャリヤー、クラウド・ネットワーク・オペレータ、政府機関、および企業がそれらのデータセンター、都市(メトロ)、長距離、および海底の光ネットワークを自動化し、集中管理し、スケーリングするのを助けます。Infinera社に関してはwww.infinera.com、ツウィッタの場合はTwitter @Infinera、ブログの場合はblog.infinera.comを参照してください。

*InfineraはInfinera Corporationの登録商標です。

このプレスリリースには将来を見据えた記述だけでなく、Infinera社製品に関する特徴、機能、仕様、および要件に関する記述が含まれています。これらの記述は、結果を保証するものではなく、将来の活動および性能に関する希望的な記述を含みます。実質的な結果はこれらの希望的な記述と異なる場合もあります。Infinera社のビジネスに影響するこれらのリスク、不明確性、およびその他のリスクに関する情報はInfinera社の四半期レポート(Quarterly Report、Form 10-Q)の「危険要因に関する」および他の章に記載されております。このレポートは2015年3月28日までの第一四半期を網羅していて、SEC2015年5月1日に米国証券取引委員会に提出されております。これらのレポートは次のInfinera社のウェブサイトから入手できます、www.infinera.com 。SECに関する情報は次のウェブサイトから入手できます、www.sec.gov。また、弊社はこれらの将来志向の表現を現在は変更するつもりはありません。

###

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。