logo

旅行ガイド・ご当地本のいいとこどり 電子書籍サービス『たびのたね』日本国内全域47都道府県を網羅!全国対応オープン

7月29日(水)~8月10日(月)の13日間 すべての商品が47%OFFのビッグセール開催!

 JTBグループで旅行関連情報の出版・販売、Web関連事業を手がける株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:里見雅行)が運営する電子書籍サービス『たびのたね』サイト(リンク)は、2015年7月29日(水)に日本国内全域47都道府県を対象エリアとし、全国対応オープンをします。



 『たびのたね』は、JTBパブリッシングが発行する旅行ガイド『るるぶ情報版』のほか、『Hanako』や『OZmagazine』などの雑誌や、全国各地の出版社が発行するご当地本などを購入できる電子書籍サービスとして、2014年10月に北海道・沖縄エリアを対象にスタートしました。
 『たびのたね』では、旅行ガイドブック・ご当地本などの「一部の記事だけが欲しい」という要望にお応えし、雑誌や書籍をエリアや特集ごとの抜粋版でも購入することを可能にしました。
 また、購入したタイトルをまとめて(「まとめたね」機能)、1冊の電子書籍として利用することができ、ユーザーは出版社や雑誌・書籍の枠を超えた自分だけの「オリジナルガイドブック」を作ることができます。

 全国各地の出版社との提携を進めながら順次エリアを拡大し、2015年7月24日(金)に中国・四国エリア、29日(水)の東北エリアを最後に、47都道府県すべての旅行ガイド・ご当地本を網羅し、全国オープンとなりました。
 ご当地出版社を中心に約100社と提携し、収録コンテンツ数は約3,000点で、今後もさらに増加予定です。
 また、47都道府県網羅を記念したビッグセールとして、8月10日(月)まですべての商品を通常価格の47%OFFで販売します。

 『たびのたね』は、「編集」された旅行ガイド・ご当地本の魅力を通して、新しい旅の楽しみ方の発見や地域を訪れたくなる機会を提供できるサービスを目指しています。
 今後は、全国各地の出版社との提携をさらに拡大していくとともに、『たびのたね』を活用した地域交流ビジネス、インバウンドを含めたグローバル事業への派生、さらにはCtoCへの展開など、行政や企業と連携し新たな事業モデルの構築を推進します。

[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事