logo

ホットリンク、「風評損害対策見舞金支払いサービス付き」融資商品にソーシャル・ビッグデータを提供

~融資商品における採用事例第一号に~

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:内山幸樹)は、株式会社宮崎銀行(本社:宮崎県宮崎市、頭取 平野 亘也、以下、宮崎銀行)が提供を開始する「風評損害対策見舞金支払いサービス付」融資商品に対し、保険支払いの基準として、ソーシャルリスク・モニタリングサービス「e-mining(イーマイニング)」を活用したソーシャル・ビッグデータを提供することを発表します。

なお、本サービスは、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長 永野 毅、以下、東京海上日動)と宮崎銀行が地方創生の実現に向けた取り組みを強化するための包括連携協定の一環となっており、本協定ならびに、風評損賠に対する見舞金支払いサービスを付加した融資商品の取扱いは、銀行業界では初の取組みとなります。同時に本件は、金融商品に初めてソーシャル・ビックデータが利用された事例の第一号となります。

これからもホットリンクは、企業や社会の「守りの強化」を支援するとともに、ソーシャル・ビッグデータ活用拡大の促進を加速してまいります。

■ホットリンクデータ提供の背景
「風評損賠に対する見舞金支払いサービス」は、風評損害による経済的な損失等を軽減するため、風評の原因となる事象が発生した段階で、農作物や商品の「安全性の立証(検査)」等へのコスト対策費用を、宮崎銀行が見舞金として支払うものです。ホットリンクは、風評損害の判定基準となるソーシャル・ビッグデータを提供します。

風評損賠の判定基準とするためのソーシャル・ビッグデータについては、国内の風評(レピュテーション)リスク調査において必須となる2ちゃんねるをはじめ、Twitterやブログなどデータカバー範囲が国内最大であること、過去のデータ調査が可能であることから、ホットリンクがデータ提供元として採用されました。また、ソーシャルリスク・モニタリングサービス「e-mining」で活用している不適切用語辞書も採用の決め手となりました。

■提供データ概要
ホットリンクでは、設定キーワードについての書き込み件数をデイリーで報告し、さらにこれまでの書き込みに対する知見が蓄積された「食料品系リスクワード辞書」も提供します。

また事前のキーワード設定調査において、過去数年分のTwitter、ブログ、掲示板、2ちゃんねるのデータを提供しています。


■e-mining(イーマイニング)(リンク)について
e-mining(イーマイニング)は、インターネット上にあふれる情報の中から、企業にとってリスクとなりえる情報を効率的に発見するためのソーシャルリスク・モニタリングツールです。2000年から累計1,000社様以上に利用されています。
2ちゃんねるやTwitterのほか、国内の約2,000メディアを網羅した、他に類の無い圧倒的な範囲をカバーしています。


■株式会社ホットリンクについて
ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを加工・分析し、顧客企業のビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダーです。大量のソーシャル・ビッグデータから風評を効率的にモニタリングする「e-mining」、及びリアルタイムに膨大なソーシャル・ビッグデータの検索や分析が可能な「クチコミ@係長シリーズ」を、現在まで累計1700 社以上(OEM提供分含む)に提供しています。同様に、APIを通じて、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンをサードパーティ向けに提供しています。また、2013年 6月より金融分野では、日本企業として初めて、Bloomberg 利用者向けに金融ビッグデータ分析ソフトの販売もおこなっております。
ホットリンクの成長戦略は、ソーシャル・ビッグデータ活用の、
• 1.マーケティング分野での浸透
• 2.多様な産業への展開及びデータ流通プレイヤーの地位確立
• 3.海外展開
の3つです。

設立日:2000年06月26日
資本金:557百万円(2015年3月31日現在)
代表者:代表取締役社長 CEO 内山 幸樹
企業サイト:リンク
Twitter:リンク
Facebook:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。