logo

CAE汎用ポストプロセッサー「EnSight 10.1」国内出荷開始のお知らせ

サイバネットシステム 2015年07月27日 15時40分
From PR TIMES

大規模データ対応でポスト処理の効率化をサポート!



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、Computational Engineering International, Inc.(本社:米国ノースカロライナ州、以下「CEI 社」)が開発・販売する、CAE汎用ポストプロセッサー「EnSight(エンサイト)」の最新版バージョン10.1の販売を2015年7月27日より開始することをお知らせします。

ポストプロセッサーとは、数値で出てきたシミュレーション結果を、人間が理解しやすい形に可視化するソリューションです。EnSightは一般的な可視化機能に加え、グラフ機能、アニメーション機能も充実しており、プレゼンテーション用の動画作成にも効果を発揮します。また、流体解析、構造解析、振動解析、紛体解析、機構解析など多数の数値シミュレーションソフトとのインターフェイスを持ち、自動車、電機、航空宇宙、化学、医療などの幅広い業界で利用されています。

今回のバージョンアップでは、節点球表示の高速化や並列処理機能が強化され、大規模な解析であってもシミュレーション結果のポスト処理がより高速に行えるようになりました。また、本バージョンよりバッチ処理専用のライセンスが追加されました。可視化手法やパラメータがあらかじめ決まっている定型処理においてバッチ処理のニーズが高まっており、これに応えるものです。GUI(※1)を持たないためインタラクティブな操作はできませんが、本体価格より安価のため大量のデータを処理する際に有効です。その他、データの比較、検証を簡単にする機能が追加されています。

また、本バージョンより一部のプロダクト名が変更になりました。製品の特長がプロダクト名からわかるようになっています。

EnSight10.1の詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

注釈
※1:GUI:Graphical User Interface(グラフィカルユーザーインターフェイス)操作画面。

==================================
主な機能強化
==================================
■ 大規模データ対応への機能強化
「バッチ処理用ライセンスの追加」
このライセンスではEnSightのウィンドウは一切表示されず、バッチ処理でのみ利用するものです。大量のデータの自動処理や大規模データのアニメーション作成等時間を必要とする処理で効果を発揮します。

「並列処理機能の強化」
新たに多くの機能がスレッド化され処理時間の改善が図られています。これに合わせてStandard版のスレッド上限も4から8に拡張されました。また、EnSight HPC(旧Gold)でも、サーバー数が多い時に分散処理が効率化される機能が拡張されています。

「節点球表示の高速化」
GPUによる球表示(ポイントスプライト)がサポートされました。従来のポリゴン球表示と比べて平均で約10倍高速化され、表示品質も向上しています。粒子法のポスト処理など、大量の球表示を用いる可視化に大きな効果を発揮します。
[画像1: リンク ]
「多面体(Polyhedra)のサポート」
これまでは、内部で多面体要素を四面体要素に分割して処理していましたが、多面体要素を分割せずそのまま扱うことができるようになりました。これにより、使用メモリが削減され、処理速度が大幅に向上しました。

[画像2: リンク ]

■ データ検証のための機能強化
「複数データの比較機能の強化」
複数データの比較を簡素化する機能が追加されました。表示パラメータの設定を変えずにデータだけを読み替えたり、複数のデータを一度で操作できます。また、それぞれのデータを共通のグラフ領域へプロットできるなど解析条件が異なる複数のデータの比較が簡単になりました。
[画像3: リンク ]

「流線の色と表示」
流線、流跡線の1本1本に対して、色の変更や表示/非表示を個別に設定できるようになりました。表示されている流線、流跡線上で右クリックをすることにより、簡単に設定を行うことができます。これにより、ある流線、流跡線が出発点からどんな経路を通っていくかを検証しやすくなりました。

[画像4: リンク ]


==================================
プロダクト名の変更
==================================
本バージョンよりEnSight Gold、およびEnSight DR のプロダクト名が以下の様に変更になりました。
旧プロダクト名(~10.0) -> 新プロダクト名(10.1~)
EnSight Gold(上位版) -> EnSight HPC
EnSight DR(最上位版) -> EnSight VR

詳細は下記Web サイトをご参照ください。
リンク

------------------------------------------
サイバネットについて
------------------------------------------
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。リンク
※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ サイバネットシステム株式会社
------------------------------------------------------------
● 内容について
ビジュアリゼーション事業部 営業推進室/荒井
TEL:03-5297-3692 E-MAIL: ensight-info@cybernet.co.jp
● 報道の方は
広報室/栗山
TEL:03-5297-3066 E-MAIL: irquery@cybernet.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。