logo

2万ユーザーを超えるクラウドメール移行実績が評価され「Territory Partner of the Year Award」を受賞!

SBT 2015年07月27日 14時43分
From PR TIMES

アジア地域におけるパイオニアとしてBitTitan社が表彰

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、このたび、BitTitan, Inc.(本社:米国ワシントン州、CEO:Geeman Yip、以下BitTitan)より、「Territory Partner of the Year Award」を受賞しましたので、お知らせします。



[画像1: リンク ]

SBTは、2万を超えるユーザーに対して、BitTitanの移行ツールを用いて、既存のコミュニケーション基盤からクラウド型コミュニケーション基盤 Office 365 への移行を行いました。中でも、7,000以上のユーザー数を持つ顧客企業に対して、約6週間という短い納期の中、移行作業を完成させるなど、専門性と技術力が評価され、APAC/MEA(アジア太平洋/中東アフリカ)地域における、クラウドシステム移行の先駆者として表彰されました。



「Territory Partner of the Year Award」受賞概要
[画像2: リンク ]



「Territory Partner of the Year Award」は、BitTitanのクラウド移行ソリューションで高い実績を残した企業に対して、全世界の7地域からそれぞれ1社に贈られるものです。

今年初めての開催となった表彰式は、2015年7月14日(火)(米国現地時間)、米国フロリダ州で開催された「Microsoft 2015 Worldwide Partner of the Year」(主催:米国Microsoft Corporation)のイベント内で行われ、なごやかな雰囲気の中で記念の盾などが授与されました。

これまでは、始めからクラウドサービスを導入するケースや、社内に構築したメールシステムから Office 365 に移行するケースが大半でしたが、クラウドサービスの利用が一般化してきた昨今においては、Google Apps から Office 365 など、クラウドサービスからの移行も増加してきました。このようなケースにおいては、メールデータの移行に加えて、クラウドサービス上のフォルダ構成やファイル、それらに付与された権限を維持することは、SBTも、お客様も、多くの時間と労力が必要であり、また正確な移行も困難でした。

BitTitanのクラウド型の移行ツール「MigrationWiz(R)」は、利用中のクラウドサービスのフォルダ構成やファイル、それらに紐付いたアクセス権限をほぼ正確に移行することが可能であり、移行にかかる時間の短縮とコスト削減につながることから、積極的に使用した結果、今回の受賞に至りました。

SBTは今後も、付加価値の高いサービスの提供と、クラウド化によるワークスタイル改革の推進により、お客様のビジネス発展に貢献してまいります。

▼ SBTの Office 365 導入・運用支援サービスに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
 リンク

BitTitanについて

本社  :米国ワシントン州
CEO  :Geeman Yip
事業概要:クラウド移行とIT変革の自動化を実現するため、シンプルで安全、かつコストと時間を節約することのできる、クラウド移行ツールを提供している。 Office 365 の導入、移行ツールとして、MigrationWiz(R)、DeploymentPro™、UserActivation™、DataEncryptionをグローバルに展開。150ヶ国以上の国や地域で、300万以上のメールボックスの移行実績がある。
URL  :リンク

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。