logo

HEVC Advance、次世代デジタル動画の作成と配信をサポートする重要なマイルストーンを発表

HEVC Advance 2015年07月23日 15時00分
From PR TIMES

HEVC Advance、HEVC/H.265に関する必須特許の募集を開始

米国マサチューセッツ州ボストン発(2015年7月22日)- ライセンス管理会社のHEVC Advanceは本日、次世代デジタル動画の基盤技術であるHEVC/H.265(動画圧縮規格)必須特許のライセンスに関する複数のマイルストーンを発表しました。今回の発表は、HEVCの必須特許に関する新たなライセンス機会の提供を求める市場のニーズに応えるための発表で、前回の発表に続くものです。

米国マサチューセッツ州ボストン発(2015年7月22日)- ライセンス管理会社のHEVC Advanceは本日、次世代デジタル動画の基盤技術であるHEVC/H.265(動画圧縮規格)必須特許のライセンスに関する複数のマイルストーンを発表しました。今回の発表は、HEVCの必須特許に関する新たなライセンス機会の提供を求める市場のニーズに応えるための発表で、前回の発表に続くものです。

今回発表された複数のマイルストーンの中で最初の発表は、Barceló、Harrison & Walker、LLPをHEVC Advanceパテントプールの特許鑑定事務所に任命したことです。この任命に合わせて、HEVC Advanceは、8月1日よりHEVCの必須特許の募集を開始し、特許がHEVC Advance特許ライセンスに含まれるべき必須特許かどうかの鑑定申請を受け付けます。この件に関する詳細情報は、リンクを参照ください。

その他のマイルストーンとして、HEVC Advanceパテントプールの主要なロイヤリティを発表しました。ロイヤリティは、ライセンシーとライセンサー両者のニーズのバランスを考慮したライセンスを提供するため、詳細な市場分析と、HEVC特許の所有者とユーザーから収集した情報に基づいて策定されました。ロイヤリティに関しては、HEVC Advanceのウェブサイト(リンク)を参照ください。

また、HEVC Advanceは、ボストンに本社を設立し、同社の最高経営責任者(CEO)にピーター・モーラー(Peter Moller)を任命しました。モーラーは、HEVC Advanceに入社する以前は、ゼネラル・エレクトリック社のGEライセンシング担当エグゼクティブ・バイスプレジデントを務めていました。HEVC Advanceは2015年9月2日に東京で、HEVCの必須特許のユーザーと所有者との初会合を開催します。本会合についての詳細情報は本年8月初旬に、HEVC Advanceのウェブサイト(リンク)に掲載される予定です。

モーラーは次のように述べています。「今回、短期間でこのように大きな進展を図れたことを大変嬉しく思っております。当社は、公平、合理的かつバランスの取れた方法で、数多くの必要な特許権への効率的かつ透明性の高いアクセスを提供することにより、グローバル市場におけるHEVCの普及に専心的に取り組んでおります。当社のパテントプールは、次世代のデジタル体験の提供を追求するデバイスおよびコンテンツ・プロバイダーの成功に大きく貢献することになります。」

HEVC準拠の技術は、デジタル・メディア市場の発展を促進する推進力となり、市場のエコシステム全体に渡り、新しい市場機会および要求を創出します。同市場は現在、HEVCにより幕を切って落とされた次世代のビデオ中心のユーザー体験に踏み出そうとしていることから、極めて重要な分岐点に立っています。HEVC Advanceは、これらのデジタル・メディア・エコシステムが消費者の求める高品質のビデオ体験を提供できるように取り組んでいます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。