logo

コムテックが、「アリエル・フレームワーク」を導入

~ビジネスの成長・発展を支える、柔軟なアプリケーション開発基盤に刷新~

アリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原田 和人、以下、アリエル)は、このたび、コムテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮田 良嗣、以下、コムテック)が、次世代アプリケーション開発基盤として「ArielAirOn(R) Framework(以下、アリエル・フレームワーク)」を導入し、2015年4月より稼働開始したことを、以下のとおりお知らせします。



■□  「OutsourcingからCo-Sourcingへ」の変革を目指すITソリューション企業

コムテックは1976年の創業以来、一貫してアウトソーサーとして、営業・マーケティング支援やコンサルティング、システム開発・運用など、ITを活用したアウトソーシングサービスを提供しています。アウトソーシング化による、あらゆるコンピュータシステム運用の負荷を軽減し、個々の業務にあわせた最高・最良のシステム環境を提供する同社では、顧客へ提供する様々なサービスをより進化させ、顧客と共に成長・発展を続ける「Co-Sourcing」のベストパートナーを目指し、変革に取り組んでいます。


■□ 将来のビジネスの成長・発展を見据え、アプリケーション開発基盤を刷新

コムテックの現行システムでは、稟議申請や販売・仕入管理といったワークフローや、ライセンス・契約書管理などのアプリケーションを自社内で開発し活用してきました。しかし、将来のビジネスの成長や発展を見据えた場合、現行の仕組みでは多数の課題を抱えているため、複雑な組織構造や企業独自のビジネスロジックに柔軟に対応できる、拡張性・生産性の高いアプリケーション開発基盤を検討しておりました。このたび以下のポイントが評価され、アリエル・フレームワークが採用されました。


●採用ポイント●
✔ 組織横断的な複雑なワークフローやアプリケーションを容易に開発できる
✔ アリエルが提供する開発支援ツールにより、システムの属人化を防ぎ、人的リソースを最適化できる
✔ アジャイル型開発と親和性が高く、ビジネス環境や要求の変化に柔軟に対応するための高速開発が可能
✔ 豊富なAPIやデータインテグレータ機能を備えており、基幹システムなどとの外部連携が容易


■□ 開発生産性とメンテナンス性の高い開発基盤で、システムの短期導入・早期稼働を実現

コムテックは、アリエル・フレームワークとアウトソーシング事業で長年培った経験とノウハウを活かし、自社のビジネスに貢献するシステムの2ヶ月での短期導入・早期稼働を実現しました。同社では、アリエル・フレームワークで業務システムを再構築したことで、ワークフローと連携した利便性の高い情報共有環境を実現し、アプリケーション開発の生産性向上とメンテナンス業務の負荷低減を図ります。また、基幹システムとのデータ連携が可能になることで、情報のフロントエンドとしても活用していく予定です。

アリエルでは今後も、企業のビジネスに貢献するアプリケーション開発基盤を提供してまいります。

以上


■ ArielAirOne(R) Frameworkとは

アリエル・フレームワークは、企業独自のアプリケーションをプログラミングレスで開発可能なプラットフォームを提供するWebアプリケーション開発基盤です。アジャイル型開発と親和性が高い開発支援ツールや外部システムとの連携をサポートする各種APIの提供など、大手企業で求められるビジネスニーズに即応する柔軟性・拡張性を備えています。また、ポータル・SFA/CRM・グループウェアなど、各種業務における情報共有を支援するビジネスアプリケーションを組み合わせることで、ビジネスに貢献する情報共有システムのスピーディな構築を実現します。

リンク


■ コムテック株式会社について

[画像: リンク ]

リンク


■ アリエル・ネットワーク株式会社について

2001年4月11日設立。グリッドなどの分散コンピューティング技術に着眼、分散コンピューティング環境開発基盤を自社開発するとともに、大規模組織向けWebコラボレーションウェアを開発・販売。大手企業・官公庁・教育機関などのワークスタイル変革・コラボレーション促進・コミュニケーションの改善・ビジネス力の向上に貢献しています。


【会社概要】

[表: リンク ]



《製品に関するお問い合わせ先》
アリエル・ネットワーク株式会社
担当:営業本部
TEL:03-5777-5562

本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。