logo

順番待ち管理アプリ『Airウェイト』、混雑状況APIの公開

導入施設が自社サイトやサイネージ等に混雑状況を自由に表示可能に。 第一弾は、九州一の人気観光地「ハウステンボス」に導入

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 淺野 健) が運営する順番待ち管理アプリ『Airウェイト』は、公開APIによる混雑状況通知機能を追加いたしました。これにより導入施設が自社サイトやアプリ、施設内のサイネージなどに混雑状況を自由に表示することができるようになります。まずは、第18回『じゃらん 九州・山口人気観光地ランキング』人気観光地(満足度が高い観光地)ランキング第1位の「ハウステンボス」内レストラン8店舗に導入いたします。

▼『Airウェイト』ウェブサイト(こちらからダウンロード可能です)
リンク



【『Airウェイト』、「混雑状況API」による状況表示の概要】


−今回追加された「混雑状況API」による状況表示

これまで、番号券を発券した後にサイトにアクセスするか店頭のモニターでしか混雑状況を見ることができませんでしたが、今回の機能により導入施設が自社サイトやアプリ、施設内のサイネージなどに混雑状況を自由に表示することができるようになりました。

―導入事例
まずは九州一の人気観光地(※)である「ハウステンボス」のレストラン8店舗に導入いたしました。『Airウェイト』による番号券の発券に加え、レストランの混雑状況を施設内に設置されたサイネージに掲出するので、状況を見ながらハウステンボスを満喫することができます。
※第18回『じゃらん 九州・山口人気観光地ランキング』人気観光地(満足度が高い観光地)ランキング第1位

導入をご希望の方は、下記URLよりご連絡ください。
リンク

[画像1: リンク ]



【『Airウェイト』とは】
『Airウェイト』は、iPadにアプリをインストールしプリンターと接続することで、お客様の来店受付から番号券の発券、入店までの案内がデジタル管理できるサービスです。
[画像2: リンク ]

1. 店舗に設置されたiPadに人数、希望の席タイプなどを入力します。電話呼出しを希望される方は、電話番号を入力します。
2. プリンターから発券された、番号券を受け取ります。
3. 番号券のQRコードを読み取ると、現状の待ち人数がわかります。
4. 順番が近づくと、メール/電話で呼出しの連絡が届きます。店頭で長時間並ぶことなく入店することができます。システムの都合上、お店の番号とは異なる番号から着信があります。

▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事