logo

Cloretsスッキリ総研が、都道府県・男女・年代別に国民の“スッキリ”を大解剖 !!「スッキリ国民調査」 結果発表!! Cloretsスッキリ総研サイトにて全結果を大公開

Clorets スッキリ総研 2015年07月16日 10時00分
From PR TIMES

日本一のスッキリ県は、宮崎県!! 最下位は・・・!?

Cloretsスッキリ総研が、都道府県・男女・年代別に
国民の“スッキリ”を大解剖 !!
日本一のスッキリ県は、宮崎県!! 最下位は・・・!?

「スッキリ国民調査」 結果発表!!
7月16日(木) Cloretsスッキリ総研サイトにて全結果を大公開
URL:リンク



モンデリーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 / 代表取締役社長:リアン・カッツ)は、クロレッツの発売30周年を記念して、これまで追求してきたお口の「スッキリ」だけでなく、人生のあらゆる「スッキリ」について調査・研究し発表する総合研究機関「Clorets スッキリ総研」を新たに2015年3月12日(木)に設立しました。また、その発表の場として「Clorets スッキリ総研」と同時に開設した特設サイト上でも、「スッキリ国民調査」を実施し、「スッキリ」について様々な角度から調査・研究を行ってきました。

そこで今回は、「スッキリ国民調査」の結果を、ストレスマネジメントの権威である、東京ストレスマネジメント代表取締役 今井功氏のコメントとともに、発表いたします。

<調査実施概要>
調査対象 :全国の男女
調査方法 :インターネットアンケートによる調査
調査期間 :2015年3月12日(木)~5月31日(日)
調査主体 :「Cloretsスッキリ総研」調べ
有効回答者数 :47,236名

「Clorets スッキリ総研」では、今回の「スッキリ国民調査」に先立ち実施した事前の調査で、人々の行動や状態と「スッキリ」の関係について独自に研究し、その数値化に成功しました。次項以降の「スッキリ国民調査」は、この数値(=スッキリ指数)をもとに、各属性における「スッキリ」について分析しています。スッキリ指数の最大は5Pとなり、マイナスの項目は、主に「スッキリ」度が低い人の行動・状態にあたります。

「スッキリ」度が高い人に多く見られる行動・状態
●毎日、よく眠れる スッキリ指数   4.96 P
●どちらかといえば楽観主義である スッキリ指数   2.82 P
●定期的にスポーツをしている スッキリ指数   2.19 P
●朝食は毎日食べている   スッキリ指数   1.46 P
●週末は友人や家族、知人と出かけることが多い スッキリ指数   1.25 P
●部屋はいつも片付いている スッキリ指数   0.93 P
●料理をするのが好き    スッキリ指数   0.47 P
●ファッションにこだわりを持っている スッキリ指数   0.34 P
●スマートフォンを使いこなしている  スッキリ指数   0.32 P

「スッキリ」度が低い人に多く見られる行動・状態
●最近、上司と同僚と言い合いをした スッキリ指数  -2.08 P
●週に2日以上残業をしている スッキリ指数  -1.93 P
●ツイッターなどのSNSをほぼ毎日更新している スッキリ指数  -1.46 P
●ダイエット中である スッキリ指数  -1.26 P
●煙草を吸う スッキリ指数  -0.98 P

「スッキリ指数」とは、人々の行動や状態と「スッキリ」の関係の深さをあらわす数値で、数値が大きい項目を実行していると「スッキリ」度が高まり、逆にマイナスの数字の項目は、「スッキリ」度が低下する傾向にあります。「Clorets スッキリ総研」が5,000人の「スッキリ」行動を元に多変量解析という手法を用いて算出した数値です。

<スッキリ国民調査>
■日本一の「スッキリ」県は、宮崎県! 気になる最下位は?  全国47都道府県「スッキリ」ランキング!!

[画像1: リンク ]


今回の調査の結果、日本一「スッキリ」している県として認定されたのは、宮崎県でした。なお、宮崎県民で「部屋はいつも片付いている」と答えた人は、県民全体の43.7%、「料理をするのが好き」と答えた人は59.0%で、ともに47都道府県中1位でした。宮崎県に続き2位にランクインしたのは、今年春に開通した北陸新幹線や朝の連続テレビ小説の舞台として湧く石川県でした。また、4位の和歌山県、5位の長野県は、ともに2016年大河ドラマの主人公、真田幸村(信繁)のゆかりの地としても知られています。いずれも今後、ますます活発な展開が期待されるランキングの上位県。その「スッキリ」度合いにも、今後は注目したいところです。
ちなみに、もちろん気になるのは、最下位。その他にも、自分が住んでいる県は何位?大好きなあの人の出身地は?・・・など、気になる47都道府県の全ランキングは、Cloretsスッキリ総研サイト(リンク )で公開されています。

<県別「スッキリ」ランキング トップ10>
またさらに、スッキリ指数の高い行動別に都道府県の動向を見てみたところ、都道府県別「スッキリ」ランキングの上位に食い込むことのなかった、大分県、沖縄県、滋賀県、東京都も、そのトップに名を連ねる結果となりました。
<スッキリ指数が高い行動別 都道府県ランキング1位>
[画像2: リンク ]

※その他の結果は、Cloretsスッキリ総研サイトをご覧ください。
リンク

■ファッションで「スッキリ」は、女性の特権!?
男女別に「スッキリ」と関係の深い行動・状態の実行度について分析したところ、男女間で開きが目立ったのは、「ファッションにはこだわりを持っている」「料理をするのが好き」「週末は友人や家族、知人と出かけることが多い」などの項目でした。日頃からファッションを楽しみ、週末は友人とショッピング、外食も好きだけど、自分やパートナーのために時には手の込んだ料理を作ることもいとわない、といった現代の「スッキリ」女子の姿が伺えるようです。

<男女別 「スッキリ指数」の高い行動・状態の実行度>
[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]

世代別の「スッキリ」ランキングでは、最高齢世代の60代がトップの座に君臨するという、注目の結果が出ました。そこでさらに、「スッキリ指数」の高い行動・状態の実行度を世代別に分析したところ、60代は、「毎日、よく眠れる」「朝食を毎日食べている」「部屋はいつでも片付いている」の3つの項目で他の世代より抜きん出ているということがわかりました。「アクティブシニア」や「プラチナ世代」、「ハッピーリタイヤ」など、活力溢れるシニア世代を表現する言葉がよく聞かれる昨今ですが、「スッキリ」した元気なシニアの秘密は、この「睡眠」「朝食」「整理整頓」に隠されているのかもしれません。


<世代別 「スッキリ」ランキング>
世代間の開きが一番大きかったのは、「スマートフォンを使いこなしている」という項目で、回答率は10代が一番多く、20代、30代、・・・と年代が上がるごとに数値が下がる結果となりました。また、全世代に共通して、「定期的にスポーツをしている」という項目の回答率が低い傾向にあることもわかりました。ちなみに、10代は比較的「定期的にスポーツをしている」と答えた人が多いという結果が出ていますが、これは学校の授業等が影響しているのかもしれません。2020年を5年後に控え、国内のスポーツ熱はますます高まる一方です。今後は、スポーツがさらに身近なものになり、観戦するだけでなく、自分の生活にも定期的にとり入れる人が増えることで、日本中の「スッキリ」度が、ぐっと底上げされることを期待したいものです。
<世代別 「スッキリ指数」の高い行動・状態の実行度>

[画像5: リンク ]

※その他の結果は、Cloretsスッキリ総研サイトをご覧ください
リンク

ストレスマネジメント専門家による見解
47都道府県別「スッキリ」ランキング、ベスト10の結果は非常に興味深く感じます。長野県以外の上位10位は、すべて海に面している県でした。もちろん、5位の長野県も言わずと知れた自然豊かな県です。なかでも、「スッキリ」県のトップに躍り出た宮崎県は、知る人ぞ知る、日本のハワイ。かつては、新婚旅行の憧れの地でもありました。また、国産マンゴーの産地であったり、宮崎地頭鶏も有名です。これら外的要因に加え、豊かな自然のなかで長い年月をかけて培って来た県民特有のポジティブな特性(=ポジティブな県民性)が、宮崎県の「スッキリ」感を押し上げたのではないでしょうか。

-------------------------
今井 功(いまい・いさお)
-------------------------
[画像6: リンク ]

東京ストレスマネジメント代表取締役。明治学院大学社会学部卒。川崎市衛生局でメンタルヘルス業務に従事した後、1984年に東京ストレスマネジメントの設立に参画。89年より現職。ストレス診断システムの開発や企業ストレス調査、企業研修などを行っている。

出身地:奈良県
著 書:
ストレス活用法、職場のストレス緩和(運動とストレス科学 第21章)
ストレスマネジメント100のアイデア(小冊子)、できる人のストレス活用法
映 像:「天葬」(チベットの葬儀文化)

■「Clorets スッキリ総研」概要
URL: リンク
Cloretsスッキリ総研所長: クロレッツイメージキャラクター 玉木宏さん
[画像7: リンク ]

息さわやかガム「クロレッツ」は、日本発売30周年を記念して、あらゆる「スッキリ」について調査・研究し、発表する総合研究機関「Cloretsスッキリ総研」を立ち上げました。『日本にはスッキリが必要だ』をスローガンに、「スッキリ」について遊び心溢れる様々な切り口で追及し、日本のみなさんが「スッキリ」した生活を送れるよう、「スッキリ」にまつわる研究結果の報告や提案を行っていくことを目的としています。「Cloretsスッキリ総研」は「スッキリ」にまつわるテーマを中心とした3つの柱【スッキリ国民調査】【諸説スッキリ一本化計画】【スッキリ学会研究報告会議】から構成されています。


≪製品に関する一般消費者からのお問い合わせ先≫
モンデリーズ・ジャパン株式会社 TEL:0120-199561(通話料無料)
クロレッツ ホームページ:リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。