logo

【「伝説の当たり屋」今井澂の日本株式相場予測、最新情報をプレゼント】

フォレスト出版株式会社 2015年07月15日 22時00分
From PR TIMES

音声ファイルプレゼント。読者限定書籍キャンペーン開始(2015年7月15~21日)

新刊『進撃する相場の投資術』の発売を記念して、書籍をご購入のうえ、キャンペーンにお申込みいただいた方を対象に、
音声ファイルをもれなくプレゼント。
キャンペーンは、期間限定の2015年7月15日(水)~21日(火)の1週間。

特典1 ギリシャ債務問題の終焉を6月30日に予測。次はリアル危機のあの国か? 格下げの○○銀行か?
『常に存在するブラックスワンの中で、儲け続ける投資のシナリオとは?』

特典2 アベノミクス3年目の成長戦略は? 日本株はどこまで上がる? ギリシャに代わるブラックスワンは?
『再びブラックスワンが現れても、日本株だけが乗り越えられるこれだけの理由』

詳しくは、リンク まで。



[画像: リンク ]



ギリシャ債務問題に対するFRBイエレン議長の発言
黒田日銀総裁の会見を待って、
本日(2015年7月15日)の日経平均株価は小幅な値動きでした。
しかし、ギリシャのユーロ離脱が回避されそうな様相で、
日経平均は3日連続続伸を記録しました。

今回発売された
『進撃する相場の投資術』(今井澂・著)では、
6月の段階で、ギリシャのユーロ離脱はないことを的中させ、
今後、返済条件のヘアカットを予想し、
世界でブラックスワンが現れても、
日本株式はいずれ上昇すると述べられています。

それよりも、7月下旬から本格化する
国内企業の4~6月期決算発表では好業績が期待され、
株価は再び上昇トレンドへ向かうはずです。

日銀のFTE買い、GPIF、ゆうちょ銀行などの
公的年金のクジラ買い、
外国人投資家の日本株式への本格参入など、
企業の業績と相まって株価を押し上げる好材料が出ているからです。

著者・今井澂氏は「伝説の当たり屋」として、
これまで数多くの相場を当ててきた人物。
現地の情報、ヘッジファンド仲間、国際経済情報網など
齢80にして、あらゆる情報から相場を読み解いてきたのです。

まさに「ウラの相場」まで知り尽くした男。

そんな氏が、「進撃する相場」とまで言わしめたのは、
先に挙げた理由以外にもさまざまあります。
もちろん、相場にはリスクはつきもの。
しかし、怖いからといって様子見をしていた人たちは、
けっして儲けることはできないのです。

昨今の株価の動きを見て、
「さすがに天井ではないか?」と感じている方もいらっしゃると思います。
しかし、これから2017年にかけて、株価は上昇していきます。
それほどの好材料、上昇理由、ウラ事情は本書に譲りますが、
とにかく、日本は再び上昇トレンドへと突入します。


※ご案内のサービスはお客様の責任のもとでご利用ください。
 問題等が生じたとしても責任は負いかねます。
 投資の決定は、ご自身の判断でなさるようお願い申し上げます

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。