logo

清涼の朝に、"蓮"を楽しむ。横浜 三溪園 ― トリップアドバイザー"エクセレンス認証"受賞記念の入園料割引キャンペーンも。 ―

横浜市 2015年07月15日 11時59分
From PR TIMES

見て、触れて、香りを楽しんで…と、さまざまな面から“蓮”に親しめる三溪園の早朝観蓮会。今年も、体験コーナーの設置や園内の茶店3軒の特別限定メニューなど好評の企画を用意しています。
また、三溪園はこのたび、世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー」から、旅行者から一貫して高評価の口コミを獲得している施設に対して贈られる“Certificate of Excellence”(エクセレンス認証)を授与されました。これを記念し、該当画面の提示による入園料の割引キャンペーンを行います。



[画像1: リンク ]


■開催日時  2015年7月18日(土)~8月9日(日)の土・日曜日および祝日 朝6:00~8:30
■会場  三溪園 外苑 蓮池周辺
■料金  入園料で観覧できます。

■三溪園の蓮について
●三溪こだわりの花
蓮は古くより、泥の中から清らかな花を咲かせることから俗世間から現れた優れた人材にたとえられ、三溪園の創設者 原三溪がとりわけ好んだ花です。自らが構想し生涯愛用した茶室を蓮華院と名づけ、また蓮を題材にした絵も数多く残していることからもその思い入れぶりがうかがえます。
●最期を飾った花
三溪が、その生涯を閉じたのは昭和14年8月、奇しくも蓮の花の盛りのころでした。柩は生前精魂を傾けて移築にあたった臨春閣に安置され、その傍らを飾ったのは園内の池から切り取られた数本の蓮でした。

■体験コーナー(6:00~8:30)

[画像2: リンク ]



●蓮の茎からの糸採り
茎を折って引っぱると、中から細い蓮の繊維が採り出せます。今ではあまり見られなくなりましたが、古くはこの繊維を使って織物も作られました。奈良の当麻寺(たいまでら)にある曼荼羅には、その昔中将姫という人物がこの蓮の糸を使って織り上げたという伝説が残されています。
●葉を使ったお面作り
蓮の葉に目や口などの穴を開けて、楽しいお面を作ります。
●蓮の葉のシャワー
茎の根元から入った水が、葉脈の先端から放射状に噴き出す、珍しい光景が楽しめます。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



■蓮の種のプレゼント
各回朝8:00から抽選で20名様にプレゼント。発芽のさせ方の説明書もついています。

■関連企画
蓮のおはなし (「中区えほんフェスティバル2015」参画プログラム)
蓮が登場する物語を中心に紹介します。
日時:2015年8月9日(日)11:00-/14:00 各回30分ほど
会場:鶴翔閣 楽室棟広間(三溪園内)
プログラム:中将姫、夏の朝、くもの糸ほか
出演:めぐみ座
料金:無料 ※入園料は別途必要です。

■早朝観蓮会限定メニュー
蓮の観賞後は、風情を楽しみながらの朝食はいかが ? 各茶店こだわりの限定メニューを紹介
します。
●雁ヶ音茶屋(かりがねぢゃや)
限定メニュー: 中華風がゆ ¥800(ホタテ貝柱・シイタケ・鶏肉入りのおかゆ・葛きりのデザート付)提供時間: 朝6:00~9:00
●三溪園茶寮(さんけいえんさりょう)  限定メニュー: 朝がゆ ¥1,100(おかゆ・温泉卵・紀州梅干・赤出汁・水ようかんなど) 提供時間: 朝6:00~9:00
●待春軒(たいしゅんけん)  限定メニュー: 麦とろ御飯¥1000(大和芋とろろ・ハスきんぴら・味噌汁・黒蜜寒天など) 提供時間: 朝6:00~9:30

■トリップアドバイザー”エクセレンス”認証受賞記念入園料割引キャンペーン
トリップアドバイザーは、拠点をアメリカに置き、旅行者の口コミや評価を発信要素の中心
に運営する世界でも最大級の旅行サイト。このたび三溪園は、同サイトから評価期間中に一
定数以上の口コミの投稿と5段階評価中平均で4以上の高評価を獲得している世界中の施設(宿泊施設・レストラン・観桜施設)に贈られる”Certificate of Excellence(エクセレンス認証)”を受けました。これを記念し、次のとおりキャンペーンを行います。※エクセレンス認証の受賞施設はトリップアドバイザーのサイト内に掲載される全施設の約10パーセントにあたり、日本では3,845(宿泊施設1,375、レストラン805、観光施設1,665)の施設が受賞。
●キャンペーン期間:2015年7月18日(土)~8月9日(日)
●割引の内容:三溪園入園の際、スマートフォンまたはタブレットでトリップアドバイザーの三溪園
掲載画面を窓口に提示していただいた方を含む同行者全員の入園料を次のとおり割引きます。
一般(中学生以上) ¥500 → ¥400 、 こども(小学生)  ¥200 → ¥100

■施設案内
《所在地》三溪園 横浜市中区本牧三之谷58-1
《交通アクセス》
●JR根岸線根岸駅から市営バス58・99・101系統で10分、「本牧」バス停下車、徒歩10分
●横浜駅東口から市営バス8・148系統で35分、「本牧三渓園前」下車、徒歩5分
●桜木町駅から市営バス8・148系統で25分、「本牧三渓園前」下車、徒歩5分
●みなとみらい線元町中華街駅4番出口から市営バス(「山下町・タワー入口」)8・148系統で
15分、「本牧三渓園前」下車、徒歩5分

■お問合せ
三溪園
TEL045-621-0634・0635
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事