logo

アクセスブライト、世界的人気キャラクター「ハローキティ」のスマートフォン向けアプリを中国で製作・提供を決定

株式会社アクセスブライト 2015年07月15日 11時00分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

 日本IP・コンテンツの中国展開を推し進める株式会社アクセスブライト(本社:東京都港区、代表取締役社長:柏口 之宏)は、株式会社サンリオウェーブ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山村 眞一)と協業で世界的人気キャラクター「ハローキティ」を題材にしたスマートフォン向けゲームアプリを中国にて製作・提供を行うことを決定しましたので、本日公式に発表いたします。アプリ名は、「Hello Kitty星光乐园(暂定)」(日本語訳:ハローキティキラキラランド(仮))です。中国におけるリリースは2016年になる見込みです。
 
 アクセスブライトは、これまでに「クレヨンしんちゃん」「デジモン」「STEINS;GATE」や「ロボットガールズZ」等、日本独自の世界観を持ち、中国で人気のある作品を題材にしたゲームの企画、開発、配信及び運営を2013年2月より行っております。
 
 中国ユーザーに好まれるゲーム作りや、ユーザー同士が競い合いを楽しめるイベントの運営、さらにアニメ配信やグッズ販売を合わせた他領域エンターテイメント戦略「汎娯楽(※1)」が功を奏し、現地で高く評価されております。「ハローキティ」についても、オリジナルの世界観を軸にしつつ、多くの中国のユーザーを惹きつけ夢中にさせるゲームを作り、提供していきたいと考えております。

(※1) 日本訳)多領域エンターテイメント。「汎娯楽(多領域エンターテイメント)」とは2011年頃、テンセントの副総裁程武が提起した概念で、インターネットにおける多領域の共生を基礎に、優れたIP(知的財産)のファン経済を創出すること。核心となるIPは優れたストーリーや、キャラクターなど多くのユーザーが夢中になるようなものを意味する。

[画像2: リンク ]


<株式会社アクセスブライト 会社概要>
会社名: 株式会社アクセスブライト
本社所在地:〒106-0047東京都港区南麻布3-20-1麻布グリーンテラス5階
設 立: 2011年9月
代表者: 柏口之宏
主な事業内容:中国におけるスマートフォンゲームの企画・開発・配信・運営、アニメのテレビ放送・インターネット配信、グッズ制作・販売
URL(日本):リンク
URL(中国):リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。