logo

専⽤ソフトでPiP 編集が可能なゲームの録画・ライブ配信⽤キャプチャーデバイス「Live Gamer EXTREME GC550」を発売。

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社 2015年07月09日 11時07分
From PR TIMES

1080p/60fps 超⾼画質でHDMI パススルーに対応し、遅延ゼロで映像を表⽰・録画。2015 年7 ⽉9 ⽇(⽊)より⼤⼿量販店・⼤⼿オンラインショッピングサイトにて

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社(東京都千代⽥区)は、ゲームの録画・ライブ配信⽤キャ
プチャーデバイス「Live Gamer EXTREME(型番:GC550)」を7 ⽉9 ⽇から、国内の⼤⼿家電量
販店やオンラインショッピングサイトなどで発売します。



[画像: リンク ]



「GC550」はUSB 3.0の⾼速データ転送により、1080p/60fps超⾼画質でPS4、Xbox Oneなどの次
世代ゲーム機のプレイ動画を録画することが可能なキャプチャーデバイスです。HDMIパススルー機能
を搭載し、⼤画⾯ディスプレイに遅延ゼロでゲーム動画を表⽰することが可能です。また、MIC/AUX
⼊⼒経由で、マイクからの実況⾳声や⾳楽データなどをミキサーなしで、ゲームの⾳声とミックスす
ることができます。

製品に同梱しているピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)機能を搭載した付属の専⽤キャプチャーソ
フト「RECentral 2」を利⽤することで、あらかじめゲーム画⾯に、Webカメラの映像や画像を配置
し、録画・ライブ配信をすることが可能です。録画した動画は、「RECentral2」画⾯上のボタン⼀つ
で、FacebookやYouTubeにアップロードが可能で、⼿軽に世界中のゲームファンに向けてオリジナル
の攻略の映像を発信・共有することができます。

「GC550」は、当社が販売するキャプチャーデバイスにおける最上位機種にふさわしい、⾼機能・簡
単操作で、⾼度なプレイ動画の編集を求める⽅から、これからゲーム実況をはじめようとしている⽅
まで、幅広いニーズに応えることができる製品です。

【製品特徴】
遅延ゼロでゲームをプレイしながら、1080p/60fps の動画を録る!
USB 3.0 インターフェイスを採⽤。⾼速データ転送により、1080p/60fps ⾼画質映像を録画します。
また、HDMI パススルー端⼦を搭載しており、FPS やアクションといった動きが早いゲームの映像を
別モニターに遅延ゼロで表⽰します。

MIC/AUX ⼊⼒に対応、ゲーム実況に便利な⾳声ミックスが可能!
「GC550」は、外部インターフェイスに3.5mm MIC/AUX ⼊⼒端⼦を搭載しており、ミキサー無し
で実況⾳声(マイク⾳声)や好きな⾳楽とゲーム⾳声をミックスした録画・ライブ配信を可能にします。

PIP、ライブ編集機能を搭載した、専⽤ソフト「RECentral 2」
「GC550」に付属する専⽤キャプチャーソフト「RECentral 2」は、ピクチャー・イン・ピクチャー
(PiP)機能を搭載しています。この機能を利⽤することで、ゲーム画⾯上にWebカメラの映像や画像
を重ねて録画・ライブ配信することが可能です。また、ライブ編集機能で、録画中の映像をカット編
集することができ、誰でも⼿軽に⾼度なゲーム実況動画を作成することができます。

製品筐体のカバー画像を⾃由に着せ替え。
「GC550」正⾯のカバーは透明素材を採⽤し、カバー画像を⾃由に⼊れ替えすることができます。付
属のカバー画像作成ソフトウェア「Convert Creator」を使えば、⼿軽に好きなカバー画像をプリント
アウトし、カバー画像の差し替えが可能です。


【製品情報】
メーカー:AVerMedia TECHNOLOGIES(アバーメディア・テクノロジーズ株式会社)
製品名:Live Gamer EXTREME(ライブ・ゲーマー・エクストリーム)
型番:GC550
発売時期: 2015 年7 ⽉9 日
価格:オープン価格
製品情報URL:リンク


【AVerMedia TECHNOLOGIES社概要】
AVerMedia TECHNOLOGIES社は、台湾に本社を構える、ビデオキャプチャー、ストリーミング製
品を中⼼に事業展開しております。現在世界75各国に商品を展開している、グローバル企業であり
ます。技術、品質を重視した、技術集団のもと、顧客第⼀を実践しております。⾃社で設計、製造、
品質管理を徹底し、" AVerMedia "ブランドのほかに、各OEM/ODMパートナーにも⾼い評価をい
ただいております。
URL:リンク

*本リリースに記載した製品・サービス名は各社の商標・登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。