logo

利用シーン別×属性別アプリ利用実態調査

朝起きてから夜眠るまで、最も利用されているアプリは?

~主婦は、平日の就寝前に「LINE」「ゲーム」「ECアプリ」~
株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前の調査で「スマートフォンを利用している」と回答した10代~50代の男女561名に対し、『利用シーン別×属性別アプリ利用実態調査』を実施しました。集計データをまとめた全69ページの調査結果レポートを「Fastask」実例レポートページ(リンク )から、無料でダウンロード提供します。



[画像: リンク ]

【調査結果の概要】

■朝起きてから夜眠るまで、最も利用されているアプリは「LINE」
スマートフォンユーザーを「学生」「会社員」「主婦」で分類し、「平日」「休前日」「休日」における「朝起きてすぐ」「通勤・通学時間帯」「お昼休み」「授業・仕事の合間(休憩、トイレなど)」「帰宅時間帯」「就寝前」といった時間帯ごとに何のアプリを使っているかを聞いたところ、いずれの日の時間帯、属性においても「LINE」の利用率が最も高い結果となりました。特に「学生」は「就寝前」の「LINE」利用率が高く、「休前日」の「就寝前」においては68.1%が利用していました。

■主婦は、平日の就寝前に「LINE」「ゲーム」「ECアプリ」
主婦が「平日」の「就寝前」に最も利用しているアプリは「LINE」「ゲーム」(21.7%)で、次いで「Facebook」(10.9%)、「EC・フリマ・オークションアプリ」(9.8%)でした。「主婦」は「学生」「会社員」に比べ、「平日」「休前日」「休日」を問わず、「EC・フリマ・オークションアプリ」を利用する傾向にありました。

■学生のアプリ利用は、1位「LINE」、2位「Twitter」、3位「ゲーム」、ときどき「動画」
学生が「休前日」の「就寝前」によく利用しているアプリは、「LINE」(68.1%)で、次いで「Twitter」(32.8%)、「ゲーム」(24.4%)でした。一方、「平日」の「就寝前」は1位「LINE」(65.5%)、2位「Twitter」(34.5%)で同じでしたが、3位は「動画アプリ」(26.1%)でした。

■会社員は日中「LINE」「Twitter」「Facebook」、就寝前は「ゲーム」
会社員が「平日」の「通勤時間帯」によく利用しているアプリは「LINE」(28.9%)、次いで「Twitter」(16.4%)、「Facebook」(13.8%)でした。通勤途中、「ニュースキュレーションアプリ」(10.8%)を使って情報収集するよりも、アプリでコミュニケーションや知り合いの近況を知ることに時間を割く会社員が多いようです。また、「お昼休み」「帰宅時間帯」といった日中も「LINE」が最もよく使われ、次いで「Twitter」「Facebook」でした。「就寝前」は「LINE」(38.4%)に続いて、「ゲーム」(20.7%)が「Twitter」「Facebook」(ともに20.3%)よりも利用されていました。また、会社員は、学生や主婦よりも「Facebook」をよく利用していることがわかりました。

【調査の実施概要】
調査期間 :2015年7月3日(金)~4日(土)
調査対象 :事前の調査で「スマートフォンを利用している」と回答した10代~50代の男女561名
質問項目 :
・現在の職業について教えてください。
・学生向けの設問
-「平日」の下記時間帯に使用するアプリについて教えてください。
(朝起きてすぐ/通学時間帯/お昼休み/授業の合間(休憩、トイレなど)/帰宅時間帯/就寝前)
-「休前日」の時間帯別の使用アプリについて教えてください。
-「休日の」時間帯別の使用アプリについて教えてください。
・会社員向けの設問
-「平日」の時間帯別の使用アプリについて教えてください。
-「休前日」の時間帯別の使用アプリについて教えてください。
-「休日」の時間帯別の使用アプリについて教えてください。
・主婦向けの設問
-「平日」の時間帯別の使用アプリについて教えてください。
-「休前日」の時間帯別の使用アプリについて教えてください。
-「休日」の時間帯別の使用アプリについて教えてください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事