logo

5000万人が恐怖した、「最も怖い」大ヒットホラーゲームの実写版! 映画『青鬼』をビデックスJPで配信開始!



株式会社ビデックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:柳下洋 以下 ビデックス)が運営する動画配信サービス「ビデックスJP」( リンク )では、2015年7月3日より映画『青鬼』の配信を開始いたします。本作は映画初主演となるAKB48の入山杏奈と、「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズの須賀健太が不気味な洋館を舞台にリアルな恐怖を吹き込む、大ヒットホラーゲームの実写版です。

[画像: リンク ]

(C) 2014 noprops/黒田研二/『青鬼』製作委員会

<あらすじ>
逃げろ。逃げまくれ。史上最悪の鬼ごっこ開始!
転校してきたシュンはクラスになかなかなじめない。そんなシュンを杏奈は気にかけていた。2人は、化け物が出るとうわさされる<ジェイルハウス>の前で同級生らと出会い、不気味な洋館へ足を踏み入れてしまう。閉じ込められた6人は窓の向こうから覗き込む、血走った目玉に遭遇し、脱出しようと躍起になるが、この世のものとは思えぬ巨大な青い影が忍び寄る・・・・

【販売サイト】
■「ビデックスJP」のサイトはこちら :リンク
■映画『青鬼』作品販売ページはこちら:
リンク

【株式会社ビデックスについて】
ビデックスは2004年2月に会社を設立以来、映像の視聴者だけでなく映像の作り手の協力を得て、優れた映像が活発に流通する社会の実現を目指しています。そのための1.映像に特化したコンテンツ配信ネットワーク(Contents Delivery Network)技術、2.ユーザビリティを実現するアプリケーション開発技術、3.埋もれた映像資産を掘り起こすための映像ストアクラウドサービス技術を構築し、日々これらの技術をブラッシュアップしています。また、自社サービス「ビデックスJP」を運営しており、人気アニメやドキュメンタリー、洋画、邦画など常時3万本の作品を提供しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。