logo

ETS、TOEFL(R)テスト受験準備を支援する9週間のキャンペーンを実施

Educational Testing Service 2015年07月02日 14時01分
From PR TIMES

7月9日には、Facebook(R)上でライブ交流イベントを開催

米国ニュージャージー州プリンストン発(2015年7月1日)-- 米国の非営利教育団体でTOEFL(R)テスト作成団体であるEducational Testing Service(本部:米国ニュージャージー州、以下ETS)は、このたびTOEFLテスト・プレップ・チャレンジ(TOEFL Test Prep Challenge)と題して、留学に向けてTOEFLテストの受験準備中の皆様を支援する9週間のキャンペーンを実施します。キャンペーンを通して、過去に実際に出題された問題をはじめ、受験に際してのアドバイスや、英語学習に役⽴つ情報を紹介します。



[画像: リンク ]

TOEFLテスト・プレップ・チャレンジでは、Facebook(R)( リンク), Instagram(R) ( リンク )、LinkedIn(R)( リンク )といったソーシャルメディア上で、毎週、英語学習に有益な画像や動画を提供しながら、受験者の「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能の向上を目指します。また、同キャンペーンの一環として、7月9日(木)午後10時(UTC:協定世界時間同日午後1時)に、世界中の英語学習者をつなぐ、TOEFLテストFacebookページ上( リンク )でライブ交流セッションを開催し、専⾨家が英語学習方法やTOEFLテスト対策について、皆様からの質問にお答えします。

TOEFLテスト プログラム シニア・マーケティング・ディレクターのジョバート・アブエバは「TOEFLテストの開発者として、実践的な英語学習の機会を提供することで、皆様の英語力の上達に繋がる支援になれば幸いです。9週間のチャレンジを完了した際には、テストに向けて一層準備が整ったことを実感していただけるでしょう」と述べています。

また、サンプル問題や、無料テスト対策ツールを含むTOEFL iBT テストの情報は、TOEFL テストのオフィシャルウェブサイト、TOEFL Go Anywhere ウェブサイト( www.TOEFLGoAnywhere.org )(英語)を参照ください。

TOEFL Testについて
TOEFL テストは英語能力を評価する試験として、世界の幅広い国で受け入れられているテストです。現在、130ヵ国、9,000 以上の機関が導入し、累計3,000万人がTOEFLテストを受験しています。TOEFL iBTテストは大学レベルの英語運用能力の測定が可能なテストです。TOEFLテストは、学業において「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を複合的に使用できるかを測定します。

Educational Testing Service(ETS) について
ETSは綿密な調査に基づくアセスメントの作成を通じ、世界中の人々に対する教育の質と公正さの向上を目指す非営利団体です。ETS は学生や保護者をはじめ、教育機関、政府機関にもサービスを提供し、教育面での研究や分析、方針の研究を実施し、また教員の認定、英語学習、初等/中等/中等後教育に関するさまざまなカスタマイズ サービスおよび製品の開発を手掛けています。ETSは1947年に非営利教育団体として設立され、世界 180ヵ国以上、9,000ヵ所を超えるロケーションで毎年 TOEFL(R)テスト、TOEIC(R) テスト、GRE(R) General Test と Subject Test、The Praxis Series(R)アセスメントといった 5,000 万件以上のテストの開発、実施、評点を行っています。 www.ets.org 


【参考資料】
TOEFLテストに向けて、5つのオススメ勉強方

TOEFLテストの準備をするにあたり、日々の生活の中でも、英語に触れ、英語力を磨くことが可能です。楽しみながらTOEFLテストの受験対策ができる、以下5つの勉強方法を参考にしてみてください。

テレビを観る:英語のテレビ番組や映画を、母国語ではなく、英語で観てください。もし、字幕が必要であれば、母国語表示をしても良いでしょう。テレビや映画を観ることで、リスニングスキルを伸ばすだけでなく、ネイティブの日常会話を理解できるようになります。新しく耳にした単語のフラッシュカードを作り、語彙力を拡げましょう。
音楽を聴く:音楽を聴くことが好きな方も多いでしょう。英語の楽曲をダウンロードし、歌詞や単語の意味を、聞き取ることに挑戦してみて下さい。歌詞をインターネットなどで確認し、翻訳の練習もしてみてください。
友人と話す:英語を勉強している友人がいれば、英語のみを使って会話してみましょう。スピーキングや、リスニングスキルを伸ばすのに、とても効果的な練習法です。誰が一番初めに、英語での会話を諦めてしまうか、競争してみてください。
雑誌を読む:多くの雑誌が複数言語で発行されています。好きな英語雑誌を選び、記事を読んでみましょう。全ての単語の意味を理解することは出来なくても、写真などから単語の意味が推測できることもあります。新しく目にした単語は、メモに取り、読み終わった後に、辞書で調べましょう。
テクノロジーを使う:一日の大半の時間を、携帯電話やパソコンに、費やしていませんか?その時間も有効的に、英語のスキルを強化するために充てて下さい。ほとんどのデバイスは、言語設定の変更ができるようになっていますので、携帯電話やパソコンの言語設定を英語に変更し、使用してみてください。英語で書かれたブログ、セレブリティーのゴシップ記事や料理レシピをインターネットで検索し、読んでみるのも良いでしょう。役立つ英単語を、より早く身に着けるのに最適です。


上記5つのヒントを参考にしながら、日常の英語学習をすることでより効果的なTOEFLテスト受験対策ができるでしょう。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。