logo

【アメリカの経済誌「Forbes」・アジア版発表】「売上10億ドル以下のアジア優良企業200社リスト」に(株)エニグモが選出

~過去3年間にわたり堅実な収益性、成長性を維持した優良企業ベスト200~

ソーシャル・ショッピング・サイト『BUYMA(バイマ)』を運営する、株式会社エニグモ(代表取締役最高経営責任者:須田将啓 本社:東京都港区、東証マザーズ:証券コード 3665) は、アメリカの経済誌「Forbes」のアジア版である
「Forbes Asia」が毎年選出する、「アジアの売上10億ドル以下の優良企業200社リスト(Forbes Asia's 200 Best Under A Billion)」に選出されました。アジア太平洋地域の上場企業約 17,000 社の候補より、今年度日本企業は8 社選出、その中の1社に当社が選ばれました。



[画像1: リンク ]



当社では今後も「世界が変わる流れを作る」を経営理念に掲げ、世界の、より多くの個人に、新しいライフスタイルを提供してまいります。
▶選出企業リスト:リンク

「Forbes(フォーブス)」とは
世界36カ国、700万人が愛読するグローバル経済誌。1917年、当時ハースト社が発行した新聞のビジネスコラムニストたちを統括していた、スコットランド移民のB.C.フォーブスによって創刊。「フォーブス」のミッションは、世界を変えていく人々、アイディア、テクノロジーの情報を富裕層経営者のコミュニティに届けること。他のメディアブランドと異なる「フォーブス」の強みは、世界の経済を左右させる程の影響力のあるパワフルな人々とのネットワークです。

<選定基準>
フォーブス・アジアの『Best Under A Billion』は、アジア・パシフィック地域で過去3年間にわたり堅実な収益性、成長性を維持し、売上高1000億円未満の優良な中小企業200社を選出するもので、選考基準は以下の通りです。1.売上高が5億円以上、1000億円未満 2.純利益ベースで増加していること 3.上場して1年以上であること。第一次スクリーニングでは17,000社に絞り込まれ、売上、利益、株主資本利益率が健全に増加・成長しているかなどが精査され、総合評価の結果200社が選出されます。

【 企業概要 】
リンク
名称 株式会社 エニグモ
設立 2004年2月10日
事業内容 インターネットビジネスの企画・開発・運営
代表者 代表取締役最高経営責任者 須田 将啓

【 BUYMA(バイマ) 】

[画像2: リンク ]



リンク 
BUYMA(バイマ)は、世界115カ国に在住する6.5万人以上のパーソナルショッパー(出品者)から世界中の魅力的な商品をお得に購入できる、これまでにない新しいソーシャル・ショッピング・サイトです。会員数は240万人を突破、取扱ブランド数は6,000を超え、日本未上陸ブランド、国内完売アイテムをはじめとした世界中のファッショントレンドアイテムからコスメ、インテリア雑貨まで幅広く揃っています。※iPhone版のアプリ(無料)はApp Storeにて「BUYMA」で検索

★新TVCM 「世界を買える」6/20より全国放映中★
CMキャンペーン:リンク

【 BUYMAで活躍するパーソナルショッパーとは 】
自分のセンスや感性を活かし最新のトレンド情報をキャッチし、お客様の嗜好に合わせてスタイリングやアイテムを紹介するなど、より一層ショッピングを楽しめるよう買い物をサポートするスペシャリストです。BUYMAでは、世界中で活躍するパーソナルショッパー一人ひとりのホスピタリティ溢れるサービスが、ショッピングサービスの新しい価値となります。

【 BUYMAのあんしんへの取り組み 】
リンク
BUYMAでは、お客様に安心してお買い物していただけるよう充実した補償サービスを提供させて頂いております。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。