logo

トヨタ「ヴィッツ」ブランドムービー 『#Humanness』を2015年7月1日(水)よりYouTubeトヨタ公式チャンネルで公開!!

~世界の“人間らしさ溢れるあるある”映像集~

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を「ヴィッツ」に搭載したトヨタの思いを
誰にでも起こりえることで描いたブランドムービー公開!




 株式会社トヨタマーケティングジャパンは、事故に真摯に学び商品開発に活かす、トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を搭載※1した「ヴィッツ」の発売にともない、「あらゆる人が乗るコンパクトカーにこそ最新※2の安全を。」といった、安全安心への思想を映像で描いたブランドムービー『#Humanness』を7月1日(水)より公開します。

■トヨタ「ヴィッツ」ブランドムービー 『#Humanness』 
URL:リンク ]


 本映像では、日常の生活の中で人が他のもの(こと)に気を取られることで起こりえる“人間らしさ溢れるあるある”映像を収録しています。
 映像の中には、可愛らしい赤ちゃんがカメラに気を取られてベッドにぶつかる様子や、ボールに夢中でポストに激突する少年、笑顔で振りむいた瞬間に波にのまれる美女、知人に気をとられていて犬に荷物を獲られるおばあちゃんまで、見ていると思わず“あるある”と共感してしまうような映像の連続となっています。[画像1: リンク ]
 [画像2: リンク ]

 これらは全て、年齢・性別・国籍を問わず、日常の生活の中で誰にでも起こりえる、人間の行動を描いた内容で構成されています。[画像3: リンク ]
 人は誰もが気を取られます。そんなあらゆる人の万が一に備えるために、さまざまな人が乗るコンパクトカー「ヴィッツ」に最新※1の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を搭載※2しました。
本映像を通じて、多くの方に今一度安全安心の大切さに気付いて頂ければ幸いです。

※1:トヨタ史上
※2:F”Mパッケージ”、F、F”SMART STOPパッケージ”、
特別仕様車F”Smart Style”は、オプション設定。他グレードは標準装備。

■動画概要
・タイトル:トヨタ「ヴィッツ」ブランドムービー 『#Humanness』
・公開日:2015年7月1日(水)
・URL:リンク
[画像4: リンク ]


[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

■トヨタ「ヴィッツ」
TOYOTA、ヴィッツを一部改良
ー衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を設定し、安全運転をサポートー
TOYOTAは、ヴィッツを一部改良し、全国のネッツ店を通じて6月30日に発売した。
今回の一部改良では、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2種類のセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能にした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備(除く一部グレード※1)。また、先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能も設定※1している。

外板色には新色オレンジメタリックを設定。また、Jewela専用として、外板色に、新色クリームベージュ※2、アイスバーグシルバーマイカメタリック※2、内装色に、新規開発色クリスプアイボリー※2※3を設定し、多彩なバリエーション※4を提供している。

※1: F”Mパッケージ”、F、F”SMART STOPパッケージ”、特別仕様車F”Smart Style”は、オプション設定。他グレードは標準装備。
※2:Jewela専用オプションのシャイニーデコレーション限定色。
※3:外板色クリームベージュまたはアイスバーグシルバーマイカメタリック選択時、設定可
※4:外板色は、全17色を設定

■「Toyota Safety Sense C」
事故に真摯に学び商品開発に活かす、トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の衝突回避支援パッケージ。それが、「Toyota Safety Sense C」です。車速が高い事故ほど重大事故につながるというデータをはじめ、さまざまな交通事故統計を分析し、より事故低減効果の高い3つの先進安全機能をパッケージ化しました。
この衝突回避支援パッケージ 「Toyota Safety Sense C」により、ドライバーの安全運転を多面的にサポートします。[画像7: リンク ]

※詳細はWeb又は店頭でご確認ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。