logo

2015年夏休み インターネット予約国内宿泊 県別人気ランキング※発表!訪日観光客が牽引!

富士山が一望できる河口湖エリアが人気 第1位は「山梨」

JTBグループのe-コマース事業を担う、株式会社i.JTB(本社:東京都品川区、代表取締役社長:今井敏行)は、2015年度の夏休み期間(7月15日~8月31日出発)の国内宿泊のインターネット予約状況を県別にまとめました。

2014年の訪日観光客は1,341万人(日本政府観光局(JNTO)発表)、2015年はさらに増えることが予想されています。今年の夏休みは訪日観光客の影響もあり日本国内の旅行は動きが活発で、各方面の予約状況は堅調に推移しています。今年の大きな特徴としては、訪日観光客にも人気のある県が上位にランクインしています。

6月15日時点の県別人気ランキングをみると、第1位の「山梨」は、訪日観光客にも人気のスポットの富士山があり、富士山を一望できる河口湖エリアを中心に人気が高く、今注目の県の一つです。
第2位は訪日観光客、日本人ともに人気のある「京都」です。夏の風物詩の川床料理が楽しめ、日本三大祭りの一つにも選ばれている祇園祭も開かれるため、多くの訪日観光客が訪れます。
第3位には、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの注目度が引き続き高い「大阪」が昨年同様に人気となっています。

1位 山 梨 県 富士山の望める河口湖エリアを中心に訪日観光客に人気
2位 京 都 府  祇園祭や夏ならではの川床料理を堪能でき、訪日観光客にも人気
3位 大 阪 府 引き続きユニバーサル・スタジオ・ジャパンが大人気
4位 沖縄県   5位 北海道   6位 和歌山県
7位 東京都   8位 福岡県   9位 千葉県   10位 兵庫県
※2015年6月15日時点のインターネット予約データをもとに、対前年の伸率を集計
※掲載順位は2015年7月15日~8月31日までの宿泊日基準(一定の宿泊数以上を対象)

(参考)2014年夏休み期間 県別ランキング(2014年/2013年、同時期の対前年伸率を集計)
1.沖縄県、2.大阪府、3.群馬県、4.香川県、5.富山県、6.岩手県、7.栃木県、8.長崎県
9.北海道、10.熊本県
●JTBホームページ 旅館・ホテル  リンク
●国内旅行予約「るるぶトラベル」  リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。