logo

ネットマイル社のアドバタイジングゲーム、ソフトバンクユーザー向け すごろくゲーム「Tモールすごろく for SoftBank」を開始

株式会社 ネットマイル 2015年06月30日 11時00分
From PR TIMES

- ゲームで遊ぶたびにTポイントが獲得可能に -



インターネット上の共通ポイントプログラムを運営する株式会社ネットマイル(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:畑野仁一。以下、ネットマイル社)のアドバタイジングゲーム・サービス(略称:アドゲー)がTサイトに導入され、すごろくゲーム「Tモールすごろくfor SoftBank」が6月30日からスタートします。

ソフトバンクユーザーは、TサイトやMy SoftBank等のWEBサイト等から「Tモールすごろくfor SoftBank」を利用できます。本サービスを利用するたびにTポイントを獲得でき、獲得ポイントはTポイントの提携先で1ポイント=1円として利用可能です。

すごろくゲーム「Tモールすごろく for SoftBank」概要
■名称:すごろくゲーム「Tモールすごろく for SoftBank」
■サービス開始:PC版、スマートフォン版:2015年6月30日(火)16:00~ ※同時開始
■対象デバイス:パソコン、スマートフォン
■利用料金:登録料・月額利用料 無料
■利用導線:Tサイト・My SoftBank → Tモールすごろく for SoftBank WEBサイト
■URL:リンク
■ゲーム内容:マップは全60マス。1日2回サイコロを振り、ゲーム内のイベントや、ゴールをすることでTポイントを獲得することができます。 参加ユーザー同士、1週間内でゴールの早さを競いランキング(順位)によって最大3,000ポイントを獲得することができます。
■備考:サービスのご利用には、Tカード番号登録(連携)したYahoo! JAPAN IDが必要です。
Tカード番号登録(連携)は、My SoftBankより行うことができます。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



【アドバタイジングゲーム事業とは】
ネットマイル社が2012年から提供を開始した、ゲーミフィケーションを活用した売上支援サービス。第一弾は売上向上ツール「Game Factory(ゲームファクトリー)」。
<「Game Factory」の概要と特長>
1.期間内でランキングを競うすごろくとなっており、ゲームへ参加→終了後のアフィリエイト広告にアクション→ゲームを有利にできるアイテム獲得→ランキング上位入賞でポイント、懸賞などのインセンティブを獲得、といった流れで高い収益性を実現する
2.簡単なゲームで初心者も気軽に楽しめるようにしているため、継続的なゲームへの参加が見込め、顧客ロイヤリティが向上する
3.1日2回参加できるゲームとなっており、ゲームへ参加するといった訪問理由ができ、ユーザーのサイト訪問頻度が飛躍的に向上する
4.広告管理、サーバ保守、キャンペーン企画、リニューアルなど、全てネットマイル社が提案・実施するため、最小限のコストでコンテンツ運用が可能

【株式会社ネットマイルについて】( リンク )
インターネット市場における共通ポイントプログラム「ネットマイル」を運営。2001年4月サービス開始。ネットマイルの累計加盟サイト数は約1,400サイト、累計登録会員数は約478万人(2015年5月末現在)。共通ポイントサービスとしては日本最大級。2012年11月からアドゲー事業第一弾の売上向上ツール「Game Factory」サービス開始。2014年9月、スマートフォンのアプリ開発・販売・運営専門子会社「株式会社アップテーラー」設立。2015年4月7日からは自社サイト「NetMile」で、他社が発行する独自ポイントを交換するサービスを開始。ポイントを貯めるためのサイト「すぐたま」も同時スタート。

社名 株式会社ネットマイル
代表取締役CEO 畑野 仁一
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町2-4 麹町鶴屋八幡ビル8F
創業年月日 2000年11月7日
事業内容 インターネット市場におけるユニバーサルポイントプログラム「ネットマイル」のサービスを運営
サービスサイト
ネットマイル : リンク
すぐたま : リンク

【当リリースに関する報道関係者お問合せ先】
■株式会社ネットマイル広報代理
エンカツ社 担当:宇於崎(うおざき)、田中
TEL:03-6417-1887 あるいは 080-1155-8519
E-Mail:press@enkatsu.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。