logo

B-EN-G、MCFrameにPLM製品を追加、販売開始

~設計から製造分野までワンストップでソリューションを提供~

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:大澤正典、以下B-EN-G)は、生産管理の国産パッケージMCFrameのラインナップに「MCFrame PLM」を加え、2015年7月1日より販売開始することを発表します。本製品は、株式会社図研(本社:神奈川県横浜市、以下 図研)のPreSight/visual BOMのOEM製品です。本製品はB-EN-G、および同社のビジネスパートナーからMCFrameブランドとして販売されます。



図研とB-EN-Gの資本業務提携により、両社の製品ロードマップが共有され、今後は製品間の連携も計画されています。
先ずは、MCFrame PLMがMCFrameファミリに加わることにより、ワンストップで製品設計から、生産・販売・原価管理まで、より広い業務分野におよんだ提案が可能になります。今後は両製品間の双方向の連携が可能になるよう、両製品にインターフェースを順次開発する予定です。これにより設計開発から生産までのトータルリードタイムの短縮や効率化・標準化、原価低減・QCD(品質、価格、納期)の作り込みの促進も期待されます。

■「MCFrame PLM」の特徴
「さがす」「つくる」「評価する」「伝える」というモノづくりの4要素を、BOM(品目・構成)と軽量3Dデータの連携によって高度化・効率化していくコンセプトの製品情報管理システムです。

BOMをコンテナーとして超軽量3Dデータを設計から生産・販売の業務全般に活用させるとともに、製品競争力を決める製品企画段階からのQCD作り込みを支援。
各種CADデータをBOMと融合することにより、設計資産の検索性を飛躍的に向上。コストや納期といった品目属性情報のみならず、形状の類似性まで加味した検索や比較が行えることにより、標準化・効率化を推進し、より高度な原価企画が可能。
モジュールの組合せによる設計機能(コンフィギュレーション)も、BOMと連動して3Dイメージまで動的に生成されるため、コストに加えて製造性や意匠まで評価することが可能となり、引合・見積作成やバリエーション検討を支援。

本製品の詳細は以下サイトをご参照ください。
リンク


以下のMCFrameビジネスパートナー様がMCFrame PLMの販売を予定しております。
(50音順)

株式会社インテック
株式会社インテックは、日本の製造業のサプライチェーンを強力に支援するMCFrameの製品ラインナップに、エンジニアリングチェーンを支援できる「MCFrame PLM」が新たに加わることを心より歓迎いたします。当社は、MCFrameが販売開始された1996年より、業務設計からシステム導入、運用保守まで一貫したサービスを提供してまいりました。特に、当社が導入したお客さまであるETO(個別受注生産型)の機械メーカさまでは、MCFrame(SCM)とPLM製品(ECM)のシームレスな連携は必須要件であり、その都度個別開発にて対応してまいりましたが、今回の「MCFrame PLM」および「設計-製造連携機能」のリリースによって、待望の設計・製造のトータルソリューションの提供が可能になったと考えています。
今後、当社は「MCFrame PLM」を新たに商品ラインナップに加えさせていただくことで、ディスクリート系製造業のお客さま全般に対して、これまで以上に幅広い高付加価値ソリューションを提供し、お客さまのさらなるビジネス発展に貢献できると確信しています。

株式会社インテック
代表取締役社長
日下 茂樹様


キッセイコムテック株式会社
東洋ビジネスエンジニアリングが「MCFrame PLM」を扱うことを歓迎いたします。弊社でも製造業向けのソリューションの一つとしてお客様へ提案していく所存です。

キッセイコムテック株式会社
取締役 システムソリューション事業部長
山本 匡晃様


株式会社テクノスジャパン
このたびは、東洋ビジネスエンジニアリング様の MCFrame に「MCFrame PLM」が加わることを歓迎いたします。
弊社は10年間に渡り、MCFrame の販売・導入支援をしております。
昨今お客様のご要望範囲が広がり、従来の生産・販売・原価システムに加えて設計分野までワンストップでのシステム構築が求められつつある中、今回の製品ローンチはまさにマーケットニーズにタイムリーに答えたものと考えております。弊社においても積極的に「MCFrame PLM」 を提案していく所存です。

株式会社テクノスジャパン
取締役代表執行役員社長
山下 誠様


株式会社東芝 インダストリアルICTソリューション社
今回の「MCFrame PLM」の発表により、MCFrameシリーズによる設計・製造分野のワンストップソリューションの一つとして活用の道が広がるものと期待しています。
当社は今後も、東洋ビジネスエンジニアリング社との強力なパートナーシップにより、グローバル展開を視野に入れた設計・製造ソリューションのさらなる拡販と、ICT市場の活性化に貢献して参ります。

株式会社東芝 インダストリアルICTソリューション社
製造・産業・社会インフラソリューション事業部 事業部長
岡田 俊輔様


三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
今回、PLM と生産管理分野でリードする国産ベンダー2社の図研(PreSight)と東洋ビジネスエンジニアリング(MCFrame)が製品レベルで連携することは、業界にとっても喜ばしいことです。
今まではお客様から要望で両社の製品を繋ぐ場合は、弊社にて個別に開発しておりましたが、今後は標準でインターフェースが備わっているとのことですので、導入期間の短縮も考えられます。
弊社でも積極的に MCFrame PLM を提案していく所存です。

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
産業・サービス事業本部 産業第一事業部長
磯西 徹明様


横河ソリューションサービス株式会社
このたびは、東洋ビジネスエンジニアリングのMCFrameのラインナップに「MCFrame PLM」が加わることを歓迎いたします。弊社は、生産計画立案~製造実績収集といった製造業の業務全般をトータルでサポートするソリューションを提供しております。「MCFrame PLM」が追加されることにより、ワンストップで設計と生産の連携ソリューションをお客様に提供できることは大変喜ばしいことです。今後さらなる製品機能の強化と充実に期待しております。

横河ソリューションサービス株式会社
ソリューションビジネス本部

以上

■MCFrame について
「MCFrame」は、日本の製造業のお客様に求められるきめ細かな管理に対応し、各種機能を備える生産管理、販売管理、原価管理、経営管理システムです。
「MCFrame」の特徴は、豊富な標準機能と、コアコンピタンスにつながる各社固有の業務プロセスに、柔軟かつ効率的に追従できるフレームワーク構造です。「MCFrame」の大きな特長であるこのような高機能と柔軟性・拡張性を高く評価いただき、製造業を中心に450社を超えるお客様にご採用いただいています。多言語対応しており、ここ数年は、中国、タイを始めとするアジア各国に進出する日系企業様向けのグローバルなシステムの構築にもご採用いただいております。
製品の詳細な仕様については、リンク をご覧ください。

■東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)はIT 企画、BPR 実施のビジネスコンサルティング、IT 導入コンサルティングから、システム構築サービス、運用サービスにわたり、ERP を中心に豊富な実績を有するビジネスエンジニアリング企業です。またERP をベースとしたSCM、CRM 導入支援ならびに中国を初めとしたグローバル展開支援での実績を積み重ねています。
東洋ビジネスエンジニアリングの詳細は リンク をご覧ください。


【当報道に関してのお問い合わせ窓口】
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 業務管理本部 広報 猪野 肇
電話:03-3510-1615 / E-mail:kouhou@to-be.co.jp

【当サービスに関してのお問い合わせ窓口】
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 プロダクト事業本部 営業本部
電話:03-3510-1616 / E-mail:mcframe@to-be.co.jp

*本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。