logo

フロスト&サリバン、SmartLinx Medical Device Information System (R)を高く評価

Capsule Technologie 2015年06月30日 10時23分
From 共同通信PRワイヤー

フロスト&サリバン、SmartLinx Medical Device Information System (R)を高く評価

AsiaNet 61029

フロスト&サリバン、病院に大きな価値をもたらすSmartLinx Medical Device Information System (R)を高く評価

CapsuleTechは、望ましい世界的な医療機器統合業者であり、患者および接続機器両方からの即時使用可能なデータをユーザーに提供しています。

フロスト&サリバンは、自社の医療機器統合ソリューション市場に関する最新分析に基づいて、CapsuleTechに対して顧客価値・リーダーシップ部門での2015年グローバル・フロスト&サリバン・アワードを授与しました。CapsuleTechのベンダーにとらわれないSmartLinx メディカルデバイス情報システム(MDIS: Medical Device Information System(R))は、ヘルスケアエンタープライズ1社全体の医療機器を、患者の臨床データを収集・配信するだけでなく、機器本体についての運用データを利用可能にする統合システムにまとめる貴重なデータ管理ソリューションとして出現しました。SmartLinxは、カスタマイズされたインターフェイス一式というよりむしろ統合システムとして設計されているため、導入・活用が簡単で、さらに、効率的で生産性の高いライフサイクルへとつながります。

フロスト&サリバンの上級リサーチアナリストであるShruthi Parakkal女史は次のように述べています。「ベンダー中立のSmartLinxは、病院が、EMR/HERシステム両方あるいは一方の機器メーカーを別の機器メーカーに切り替えることを可能にし、一方で、ミドルウェア統合を変えないまま、機器や情報システムランドスケープの変化への適応を継続します。CapsuleTechは、デバイス間通信プロトコル向けインターフェイスを開発するために、機器メーカーとの密接な協業関係を構築することで、この『シームレスな』統合を提供することができます。」

ほぼ90%の顧客がCapsuleTechを同僚・同業者に紹介しており、高度な顧客ロイヤルティと再契約につながっています。複数の接点を通してクライアントとの対話を継続し、機器メーカーやITソリューション業者との高レベルの関わりを保つことで、CapsuleTechは、医療機器統合ソリューションの最も望ましい業者であり続けています。

Parakkal女史は次のように述べています。「CapsuleTechの製品管理の中核には、病院、機器メーカー、システムパートナーとともに維持している複数の通信チャネルがあります。CapsuleTechは、通信プロトコルの更新期間中、同社をパートナーと認めている機器メーカーからのサポートを通してシームレスに更新を行います。」

CapsuleTechは、効果的な計画、積極的な管理、検査によって優れた顧客サービスを届けています。導入段階期間中、CapsuleTechは、設備の設置にあたり、主要な臨床医、システム管理者、臨床工学技士を訓練し、彼らがその知識を他のユーザーに伝えることを可能にしています。

Capsule Tech website(リンク )およびFrost & Sullivan website(リンク )をご覧ください。


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。