logo

日本におけるクルーズ旅行に関する意識・動向調査

トラベルズー・ジャパン株式会社 2015年06月29日 13時07分
From PR TIMES

半数以上がクルーズ旅行に行ってみたいと回答。行ってみたいクルーズ旅行先は、地中海、カリブ海、世界一周

厳選した旅・食・遊情報を提供するオンラインメディア「Travelzoo (トラベルズー)」 (URL; リンク )を運営するトラベルズー・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江晃一郎、以下 トラベルズー・ジャパン)は、日本のトラベルズー登録読者を対象に実施したクルーズ旅行に関する意識・動向調査の結果から、日本におけるクルーズ旅行の傾向をまとめました。



お得な旅情報に精通し、特にクルーズ旅行に詳しいトラベルズーのDeal Expertは、今回のアンケートの結果を受け次のように分析しています。「アンケート調査の回答から、クルーズ旅行に行ってみたいという人は55.5%と、クルーズ旅行への興味が高いことが分かりました。一方で多くの人がクルーズ旅行に対し”豪華”、”高額”というイメージを持っていることも分かり、クルーズ旅行はまだ身近な旅ではないようです。また、ゆったりと長い時間をかけて旅行をするのがクルーズ旅行の特徴ですが、「時間が無い為」クルーズ旅行に行けないという声も。今後クルーズ旅行を浸透させるにあたっては旅程を短くして参加しやすいプランを組むことも重要なポイントの一つになるでしょう。」

主な調査結果


クルーズ旅行と言えば、「豪華客船」、「地中海」と「豪華」
今後クルーズ旅行に行ってみたいという人は55.5%。クルーズ旅行に興味を持っている人多数
これまでクルーズに行かなかった理由は、「高額なイメージの為」や「時間が無い為」
クルーズ旅行に出るきっかけは、「希望に沿う目的地や旅程」があるかどうか
クルーズ旅行先のトップ3は、地中海・ギリシャ諸島・トルコ、カリブ海、世界一周

調査概要
調査時期: 2015年4月12日~4月27日
有効回答数: 700 名
調査対象: 旅行が好きなトラベルズーの日本の会員

<トラベルズーについて>
トラベルズーは、世界2,700万人、日本100万人を超える登録読者を抱え、13エディションを発行する世界最大級のオンライン旅行情報メディアです。日本を含むアジア、北米、ヨーロッパの世界25拠点の国と地域で配信しています。トラベルズーでは、旅行情報に精通した世界250名以上のDeal Expertが、毎週2,000社を超える旅行・エンターテインメント関連企業が提供する膨大な情報の中から、おすすめ情報を発掘しています。Deal Expertは、このおすすめ情報の残存数や販売状況などの詳細を販売元に直接問い合わせ、消費者の目線で確認します。さらに条件を満たした情報を編集会議にかけて、様々な角度から評価し、厳選します。このプロセスを経た最も価値あるおすすめ情報だけを、週刊厳選イチオシ旅行情報メールマガジン「Top 20™」や、イチオシ旅行情報号外メール「Newsflash™」として登録読者に配信します。さらに、各エリアの質の高いレストランや劇場などエンターテインメントプランを「Local Deals」や、海外・日本のホテルのお得感のある宿泊情報を「Getaways」として掲載し、配信・販売しています。トラベルズー・ジャパン株式会社はTravelzoo Inc.(NASDAQ:TZOO)のアジアにおけるライセンシーであるTravelzoo Asia Pacificの子会社です。

<調査結果>
Q1.  「クルーズ旅行」と聞くと真っ先に思い浮かぶ言葉は何ですか?
クルーズ旅行と言えば、「豪華客船」、「地中海」と「豪華」
「「クルーズ旅行」と聞くと思い浮かぶ言葉は何か?」という質問に対して、1位は豪華客船(22.1%)、2位は地中海(14.3%)、3位が豪華(13.1%)となりました。クルーズ=豪華というイメージが強いようです。
[画像1: リンク ]

Q2.  今までクルーズ旅行に出たことはありますか?
今後クルーズ旅行に行ってみたいという人は55.5%。クルーズ旅行に興味を持っている人多数
「クルーズ旅行に出たことがありますか?」と聞いたところ、「はい」と答えた人は、17.6%だったが、クルーズ旅行に出たことはないが、今後クルーズ旅行をする予定だと回答した人は、55.5%おり、クルーズ旅行に対する興味が高いことがわかる。
[画像2: リンク ]

Q3. これまでクルーズ旅行に行かなかった主な理由は何ですか?
これまでクルーズ旅行に行かなかった理由は、「高額なイメージの為」や「時間が無い為」
これまでクルーズ旅行に行かなかった理由として「高額なイメージの為」と答えた人が最も多かった(35.7%)。続いて「特に理由はない」(20.0%)、「その他」(16.4%)となった。「その他」と回答した人の自由記載を見ると「時間が無い」という回答が70%以上であった。これは、4番目に多かった「船酔いが心配」という回答よりも多い結果となった。飛行機で行く旅行より、目的地に到着するまで時間がかかる為に旅行日数が長めのクルーズ旅行。ゆったりと旅をするのが特徴だが、休みが少ない人や時間が取れない人にはハードルが高いようだ。
[画像3: リンク ]



Q4. どのようなきっかけがあればクルーズ旅行に出ますか?
クルーズ旅行に出るきっかけは、「希望に沿う目的地や旅程」があるかどうかが一番重要なポイント
クルーズ旅行に出るきっかけは、「希望に沿う目的地や旅程があればクルーズ旅行に出る」という回答が最多(38.0%)。続いて「お得感のあるクルーズ旅行商品があればクルーズ旅行に出る」という回答となった。(15.7%)、3番目に多かったのは、「航空費が含まれるクルーズ旅行プランがあればクルーズ旅行に出る」(10.4%)であった。5番目に多かった「その他」では、時間があればクルーズに行くという回答が47.3%を占めた。これは、Q3 で聞いたこれまでクルーズ旅行に行かなかった理由で同じく自由回答で多かった「時間が無い為」に比例している。
[画像4: リンク ]



Q5. どの目的地へのクルーズ旅行に最も関心がありますか?
クルーズ旅行先のトップ3は、地中海・ギリシャ諸島・トルコ、カリブ海、世界一周
クルーズ旅行の行先として最も関心が高かったのは、地中海・ギリシャ諸島・トルコ(18.9%)、続いて、カリブ海(12.4%)、世界一周(8.6%)となった。Q1で聞いた「クルーズ旅行」と聞くと真っ先に思い浮かぶ言葉」でも、2位が地中海(14.3%)、5位に世界一周(9.0%)、8位にカリブ海(6.0%)、10位にエーゲ海(4.8%)となり、クルーズ旅行と言えば地中海やカリブ海、世界一周というイメージが強いようだ。一方で、クルーズ元年と呼ばれた2013年以降、日本国内とアジアの寄港地を訪れるクルーズ商品が増えたが関心のある行先としてアジアは6位(5.6%)という結果となった。
[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。