logo

ミライショウセツ大賞 第6弾書籍化作品!『ホテル・ファーイースト~裏切りの街のアリス』が6月29日発売!

エンターブレイン

  株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、エイベックス・ピクチャーズ株式会社、グリー株式会社、サミー株式会社、ピクシブ株式会社との5社共同で開催している、ネット小説の新人賞『ミライショウセツ大賞 ネット発クリエイター発掘・応援計画』(以下ミライショウセツ大賞)から「ミライショウセツ大賞優秀賞」作品として、『ホテル・ファーイースト~裏切りの街のアリス』(KCG文庫)を2015年6月29日に発売いたします。ぜひ貴媒体にてご掲載のほどよろしくお願いいたします。



 KADOKAWAを含めた5社で共催している新人賞『ミライショウセツ大賞』の応募作品の中から書籍化第6弾の作品が決定しました。第2期テーマ部門「恋と同居」に応募があった作品の中から、八重垣十束の『ホテル・ファーイースト~裏切りの街のアリス』(投稿作品名『極東酒店~ホテル・ファーイースト』)が優秀賞を受賞し、KCG文庫より6月29日に発売されます。本作では、近未来の中華街を舞台に、小さなホテルを営む魁が、無一文で街に取り残された少女アリスと共に、恩人であるレディ・ジェーンの死の謎に迫ります。

 発売を記念して『ホテル・ファーイースト~裏切りの街のアリス』プロモーションビデオを作成。ナレーションは声優の青山吉能さんとアーティストの小林竜之さんです。ぜひ小説と合わせてお楽しみください!


ミライショウセツ大賞 第2期テーマ部門「恋と同居」優秀賞作品
復讐を誓う少年と、裏切られた異国の少女。
全ての謎を解く鍵は『アリス』に隠されている――

[画像1: リンク ]


【内容】
ホテルとは名ばかりで、宿泊客は滅多に来ない『極東酒店』。それでも此処は、レディ・ジェーンが愛した家――殺された彼女からホテルを継いだ少年・魁は密かに復讐を誓っていた。世界一華やかな暗黒街と呼ばれる横浜・旧中華街は、一度入れば門を出る際に百万円を支払わなくてはならない。それは街の実質的支配者であるカジノ『ウィッシュボーン』のオーナー・ロウによって定められた掟。犯人はまだこの街の中にいる。そう考えていた魁の前に突如、レディ・ジェーンの後継者と名乗る少女・アリスが現れた。遺言状も無くレディ・ジェーンのホテルを継いだ魁の正当性を認めなかったアリスだが、使用人の裏切りにより一文無しになってしまった彼女は街から出られなくなってしまう。レディ・ジェーンの死の真相を探る為に手を取った二人。現実という悪夢の渦巻く街の中で、彼ら二人に委ねられた復讐の結末とは――?

【書誌情報】
ホテル・ファーイースト~裏切りの街のアリス
著者:八重垣十束
イラスト:ケイト
発売日:2015年6月29日
定価:本体630円+税
発行:株式会社KADOKAWA
レーベル:KCG文庫
ISBN:978-4047305908

【プロモーションビデオ】
[動画: リンク ]

CV:青山吉能・小林竜之
作曲・編曲: o-saka(SUPA LOVE)
PV制作:エイトビットロケット

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


【キャラクター紹介】
[画像4: リンク ]

・魁(カイ)
殺されたレディ・ジェーンから「極東酒店」を受け継いだ少年。
犯人を捜し出して復讐を果たすことを密かに誓っていたが、
アリスの来訪により少しずつ予定が狂わされていく。
[画像5: リンク ]

・アリス
レディジェーンの大姪であり、その地位を継ぐ後継者。
旧中華街にある「極東酒店」を訪れるまで彼女の死を知らず、
その死の真相を確かめるためホテルの宿泊客となる。

・ディアマンテ
旧中華街の骨董店「ADAMS」のオーナーで、南米系の美女。
元は娼婦だったが、宝石などの真贋を見極める腕で店を持つまでに。
魁のことを「ミ・シエロ」と呼び、特別可愛がっている。

・ロウ
家事のを併設する超高級ホテル「ウィッシュ・ボーン」のオーナー。
実質的な旧中華街の支配者であり、町の美観収益のため、
魁に「極東酒店」の立ち退きを迫っている。

【URL】
『ホテル・ファーイースト~裏切りの街のアリス』特集ページ
リンク

『ミライショウセツ大賞』書籍化作品ページ
リンク

【書籍に関する読者の方からの問い合わせ先】
エンターブレイン カスタマーサポート 0570-060-555(土日祝日を除く正午~17時)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。